仮想通貨・FinTech・投資に関する情報を配信。

ビットコインとは?仕組みと安全性を徹底解説【初心者必見】




ビットコインはインターネット上で取引できる仮想通貨で、暗号化技術を用いられていることから暗号通貨とも呼ばれています。

仮想通貨ビットコイン?知っておくと意外と便利な使い方【超入門】で、ビットコインについて簡単に説明をしましたが、今回の記事ではビットコインについてより深く掘り下げて、仕組みや仮想通貨の安全性などより詳しく解説していきたいと思います。

仮想通貨については以下の記事で解説しています。

今さら聞けない!仮想通貨を簡単に分かりやすく解説。

ビットコインと円やドルの異なる点は?

ビットコインは貨幣や紙幣などのように実在している通貨ではないですが、買い物などの支払いや送金などにも使える点から生活の一部として浸透し始めています。

国の法律でも、日本円や米ドルなどの法定通貨と同等の価値を持つと認められたわけですが実際に仮想通貨はどこが違うのか知らない人も多いのではないでしょうか?

ビットコインの仕組みや理解をより詳しく説明する前に、法定通貨との違いも知識として覚えておきましょう。

法定通貨とビットコインの異なる代表的な例

法定通貨 ビットコイン(仮想通貨)
発行量 上限なし。
国の金融政策に左右。
上限あり。発行量が決まっている。
信用 国が価値を保証しているため信頼度は高い。 政府が介入しない独自の通貨のため法定通貨よりは信用性が低い。
単位 円・ドル…etc BTC
価値 金融政策や経済で変動。 需要と供給によって異なる
用途 決済・送金・預金・投資 決済・送金・預金・投資
取引方法 銀行や証券会社 仮想通貨の取引所

ビットコインは、国が発行している通貨ではなく発行される通貨の量に上限があったりと異なる点が多くありますね。

1つずつビットコインを理解する上で重要な点を見ていきましょう。

ビットコインの発行量には上限が設定されている

日本円の場合は、日本銀行(国の中央銀行)が発行を管理しています。

法定通貨は発行の上限が決まっていないので、景気によって発行量を調節して経済を安定させる仕組みを取っています。

ビットコインの場合は、ブロックチェーン技術を活用して自動的に発行されており、法定通貨と異なる点は発行される通貨の量に上限が設定されているという点です。

上限は、2100万BTCが発行されると上限がされており、約10分毎にビットコインが発行され、2140年頃に発行が終了する予定です。

ビットコインは金融政策に左右されない。

法定通貨は、国が信用を裏付けているため円高・円安などという言葉をニュースで一度は耳にしたことがあるかと思いますが、円高(円の価値が高まる)は言い換えれば日本のお金だから価値があると信頼されているからです。

景気や経済が傾けば、円安方向に向くこともありますし、発展途上国の通貨は信頼性が低いとされお金の価値が低いケースが多いです。

お金の価値は、需要と供給で決定されるためお金の量が増えれば増えるほど価値が下がるなどという点もあります。

それと比べて、ビットコインの発行には国が関与していないため金融政策や経済に作用されることがないため発行量が増えても価値が下がるという心配がありません。

これはビットコインを保有する大きなメリットとも言えます。

ビットコインは法定通貨と同じ使い方ができる

仮想通貨ビットコイン?知っておくと意外と便利な使い方【超入門】で説明しましたが、ビットコインは「買い物などの決済」「海外などの第三者への送金」「売買などを行う投資」など法定通貨と同じような用途で使うことができます。

ビットコインは仮想通貨専用の取引所で取引され、決済や送金などの手数料も低くインターネットで取引ができるため24時間取引ができます。銀行と比べて仮想通貨の方が取引が便利であることは非常に大きなメリットです。

幾つか、法定通貨とビットコインの違いを見てみましたがビットコインはかなり便利な通貨です。

ビットコインのお金としての価値は信用できるの?

ビットコインと法定通貨の違いを説明しましたが、一番気になるのはお金としての価値があるかどうかだと思います。

日本は先進国なので円の価値が諸外国と比較して高いため、普段の生活では気付くことがないかと思いますが、発展途上国の通貨は価値がかなり低い(信用性が低い)とされることが当たり前のようにあります。

経済破綻をした国の通貨を持っていて大きな損失をした投資家やイギリスがEU離脱をした「EUショック」で、通貨の価値が下がり大きな損をしたFXトレーダーなんかも多いでしょう。

その点、ビットコインは政府が関与していない通貨のため国の経済状況や方針・政策などの影響で価値が変わる心配がありません。

日本も国として経済破綻するリスクは0とは言い切れないですし、発展途上国などの国民は自国の通貨を保有しているより仮想通貨の方が信用できると考える事もできます。

仮想通貨の中で最大の通貨

ビットコインは数多く存在する仮想通貨の中でも最大の通貨です。

2009年に誕生したビットコインは、約10分単位でビットコインが発行されています。

ビットコインは、インターネット上で取引がされるため24時間365日取引がされており、需要と供給の中で買いたい人と売りたい人の関係の中で価値が変動しています。

現在は、1BTCが約5万円前後であった数年前と比較して現在は50万円を超えており、その理由はビットコインがブロックチェーン技術を用いて順調に発行を勧めていることにより、買いたい人の需要が高まることで最大の通貨として存在しています。

ビットコインが発行されるブロックチェーン技術は、FinTech業界でも注目を集めています。

実は謎が深いビットコイン

ビットコインは、ブロックチェーン技術が使われて管理されている仮想通貨です。

ビットコインの起源は、2008年にナカモトサトシという人がブログでビットコイン構想について発表したことが発端となっています。

ビットコイン構想のポイント

・暗号技術を活用したお金の取引

・情報を分散させたセキュリティ維持

・分散型の金融取引で、国が介入しない通貨

なんだか難しいですが、ナカモトサトシはビットコイン構想を1人で作り上げるのではなく、技術をオープンにして複数の人が開発したと考えれています。

プログラムコードをオープンにすることで、プログラムがハッキングされたり、改ざんされても発見が容易のため安全性が高いというメリットがあります。

ビットコインの開発者と言われているナカモトサトシは日本人名ですが、日本人なのかも特定されていない人物です。

素晴らしい技術をもとに、ビットコインを作り上げているのに誰か特定できないのも不思議ではありますが、革命を起こしたと言っても過言ではありません。

ビットコインは、誰がどんな目的で作られたかが不明の通貨なのです。

ただ、セキュリティやビットコインのブロックチェーン技術は確かなものであり、改ざんしようと思ってもできない信用性の高い通貨です。

マウントゴックスの件は、別記事で説明できればと思いますがビットコイン自体のシステムがハッキングされたのではなく、取引所のシステムがハッキングされただけなので、ビットコインの問題ではないということは知っておきましょう。

まとめ

今回はビットコインについての仕組みや円やドルなどの法定通貨との違いを解説してきました。

仮想通貨の正しい知識をして、ビットコインを活用した取引や支払いなどをしていきましょう。







SNSでフォローする