仮想通貨・FinTech・投資に関する情報を配信。

イーサリアムでクラウドファンディング「REAL BOOST(リアルブースト)」が開設。




インターネットを介して、人々から資金調達をしアイディアを形にできるクラウドファンディング。

数多くのクラウドファンディングが日本でも運営され、クリエイターから起業家などが資金調達を理由に使われていますが、話題の仮想通貨「イーサリアム(ETH)」を使って資金を集めることができるREAL BOOST(リアルブースト)が、受援者の募集を始めました。

今回は、クラウドファンディングREAL BOOST(リアルブースト)について紹介したいと思います。

クラウドファンディングREAL BOOSTとは?

クラウドファンディングでは、プロジェクトを起案しインターネットを介し、多くの人から資金を調達することができます。

通常、資金は現金として受け取るのが一般的ですが、REAL BOOST(リアルブースト)は仮想通貨イーサリアム(ETH)で資金調達ができる新たなクラウドファンディングです。

イーサリアム(ETH)とは?

イーサリアムは仮想通貨の中でビットコインの次に時価総額が高く、その額は約2兆 3,500 億円となります。(2017年7月現在。)

仮想通貨の全体の時価総額は約10兆円のため、25%の時価総額を占めている価値の高い仮想通貨の1つがイーサリアムです。

REAL BOOST(リアルブースト)

REAL BOOST(リアルブースト)の仕組み

REAL BOOSTを使って、プロジェクトを起案する受援者は出資者からイーサリアムを送り、資金サポートを行います。その代わりのリターンとして受援者のオリジナルコインが送られます。

出資者はリターンとして獲得したの受援者コインを使って、プロジェクトやサービスが出来上がった際に、そのコンテンツをオリジナルコインを使って購入できるという仕組みとなっています。

仮想通貨で支援金を送るため、タイムラグなく直ぐに支援金を受け取ることができる点は、REAL BOOSTのメリットと言えます。

支援金のサポートのリターンはオリジナルコイン

前述しましたが、サポーターは支援の見返りとして受援者のオリジナルコインを受け取ることが出来ます。オリジナルコインは、REAL BOOSTが提供するブロックチェーン技術で作られており、REAL BOOST内のプラットフォームで利用することが可能になります。

受援者は、プロジェクトに関連する自分のコンテンツをサイト上にアップすることで、サポーターは受援者から受け取ったオリジナルコインを使ってそのコンテンツを購入することが可能になります。

ジャンルを問わず、REAL BOOST(リアルブースト)に参加可能。

REAL BOOSTのクラウドファンディングサイトは、ジャンル問わず資金調達に挑戦することができます。

クリエイターや起業家などにフォーカスして、資金調達を行うケースが一般的ですが、REAL BOOSTの場合はミュージシャン、モデル、芸人、俳優など誰でも登録してクラウドファンディングに参加することができます。

もちろんクラウドファンディングでは、インターネットを介して資金調達をする理由を明確にし、共感を得ることができなければサポーターが集まらないのでしっかりとした目標と計画は必要不可欠にはなります。

戦略を立てたプロモーションができれば、誰でもREAL BOOSTで資金としてイーサリアム(ETH)を受け取ることができます。

REAL BOOST(リアルブースト)の利用の流れ

1.審査とオリジナルコイン作成

REAL BOOSTでは、活動をサポートをしてもらうためのイーサリアムの調達のお返し用のオリジナルコインを発行します。この発行はREAL BOOST内で審査がされ、審査が通った方のみコインが発行できます。

2.アカウント作成とREAL BOOSTで活動開始

審査が通ったらアカウントを発行し、REAL BOOST内で活動を始めます。活動目的や事前に計画された内容をもとに、活動をすることで活動支援金としてサポーターからREALBOOST経由で支援金としてイーサリアムを受け取ることができます。

通常のクラウドファンディングは、目標金額と資金調達の期限が設定されてそれに対して達成に向けて活動をしていきますがREAL BOOSTは目標金額や期限がないのが特徴で、ミュージシャンやアーティスト、アイドルなどの活動に適しているような印象です。

REAL BOOSTのプラットフォームで活動報告をブログのように掲載できるような仕組みを想定されており、活動報告を継続してすることで活動支援金を効率良く集めることができます。

登録は無料で始めることができますが、支援を受ける受援者は受け取った活動資金のイーサリアム(ETH)の20%が手数料として取られます。固定費用が掛からないので、報酬を受け取ったタイミングで手数料が発生するので受援者はデメリット少なく始めることができます。

3.お礼コンテンツをアップデート

サポーターは、支援する時に受け取ったオリジナルコインを使って、コンテンツを購入することができます。

サポーターに対して、活動の成果物として楽曲や動画、チケットなどのコンテンツを作成してお返しとしてアップデートします。

ローンチ当初はダウンロードコンテンツのみ想定されており、準備が出来次第発送可能な商品も対応できるようになる予定としています。

コンテンツの内容は、REAL BOOSTに参加するユーザーによって異なるためサービスローンチ後、注目して見ていきたい点です。

仮想通貨イーサリアムを使うことで、世界中から資金調達が可能に。

REAL BOOSTを使ってクラウドファンディングを始める最大のメリットは世界中から資金調達が可能になるという点です。

仮想通貨であるイーサリアムは、国が管理する通貨ではないためプロモーション次第では世界中から資金を集めることが可能となります。

サービスは、日本語の他に英語・中国語でグローバル展開されていくため日本語のみならず英語・中国語での活動報告などができれば効率よく資金を集めることが可能になります。

また、サポーターは日本以外の受援者に対してREAL BOOSTを通じてサポートすることができます。

ファンクラブ的要素が強いREAL BOOST。

インターネットを介して、資金を集めるという点ではクラウドファンディングと呼べますが、ファンクラブ的要素が強い印象もREAL BOOSTにはあります。

他のクラウドファンディングと比較して、目標金額と資金調達の期限が設けられていないため期間限定の資金調達ではありません。

自身の夢をもとに活動を続けていきそれをREAL BOOSTを通じて、活動を応援してくれるファン(サポーター)からの資金援助を受けれる仕組みはファンクラブ的要素が強いといえます。

コンテンツも初動は、ダウンロードコンテンツのみのためネット上でのコンテンツを想像するとアーティストやアイドル系のユーザーもしくはノウハウ系のようなものになるのかなと想像しています。

後に発送可能な商品が対応されていけば、いろんなジャンルの参加も可能になっていくと思います。

まだ、ローンチ前のためどのようなユーザーがREAL BOOSTを利用するかでイメージは変わってくるとは思いますが注目してみていきたいクラウドファンディングサービスです。

まとめ

仮想通貨で資金を調達ができるクラウドファンディングREAL BOOST。

サービスローンチ前ですが、話題の仮想通貨と組み合わせたクラウドファンディングがどのようにスタートしていくかは、気になるところです。

REAL BOOSTでどのような人物が資金調達を始めていくのかなどローンチ後まで見ていきたいクラウドファンディングです。







SNSでフォローする
関連記事
No articles