仮想通貨・FinTech・投資に関する情報を配信。

話題の一口馬主「DMMバヌーシー」。投資としての効果は?【まとめ】




競馬業界に参入したDMM.comですが、一口馬主という投資型のサービス「DMMバヌーシー」をリリースしました。

ネットでも注目を集めているDMMバヌーシーに関して、投資としてのメリット・デメリットをまとめてみました。

一口馬主「DMMバヌーシー」とは?

DMMバヌーシーの運営会社は、DMMグループのFX口座(DMM FX)などを提供する株式会社DMM.com証券です。

そのDMMが「DMMドリームクラブ」を設立し、競馬業界に参入しました。

この「DMMドリームクラブ」は、JRHAが主催する国内で最大級の競走馬の競り市「セレクトセール」に参加しています。

この「セレクトセール」では、多くのレースで素晴らしい結果を出している馬の親兄弟などの血縁が深い馬で有望な競走馬を億単位で取引され、「DMMドリームクラブ」から落札された競走馬がDMMバヌーシーに登録されます。

一口馬主とは、競馬で活躍すると予想され競走用馬に募るファンドのようなイメージで、DMMバヌーシーに登録された競走馬を一口から出資をすることができます。

出資した競走馬が、JRAの競馬で獲得した賞金の一部を馬主(バヌーシー)に分配されるという仕組みです。

投資という側面で見ると今後、活躍しそうな馬を見つけて馬主(バヌーシー)になることで報酬を獲得できるという仕組みです。

DMMバヌーシーの特徴

これまでの一口馬主というのが、1頭の競走馬の権利を40〜500口で分割して購入することができまるのが一般的でしたが、権利を1万口分割することによって馬主(バヌーシー)としての参入のハードルを下げています。

競馬場への入場者数は年間で600万人であり、ネットでも馬券を変えることからかなりの数の競馬利用者がいることが予想できますが、一口馬主を実際に参入している人は僅か数万人と言われています。

一口馬主という「バヌーシー」になるハードルを下げた新サービスと言えます。

「DMMバヌーシー」の利用料金

DMMバヌーシーのアプリの利用は無料です。

1万〜数万円程度で出資を始めることが可能で、1度出資をして、馬主(バヌーシー)になったあとに追加で費用がかかることはありません。

また、他の一口馬主のサービスと比較した時に会員費等の追加費用がバヌーシーにはありません。

他のクラブだと月会費として5,000円かかるところもあるため、年数万円が掛かるコストを押さえて一口馬主になることができます。

一口馬主投資「DMMバヌーシー」のメリット・デメリット

実際のサービスの投資としての側面を見ながらメリット・デメリットをまとめてみました。

DMMバヌーシーのメリット

DMMバヌーシーの最大のメリットは、一口のリーズナブルな価格で競走馬の成長を見守る形で競馬を楽しめるということでしょう。

DMMバヌーシーの運営会社取締役は「バヌーシーは投資ではない。愛馬がレースで走る喜びを共有してほしい。いつかバヌーシー所属の馬が、日本ダービーでゴールすることを夢見ている」と言っています。

少額でも馬への愛着を持ち、サービスを楽しみながら利用して競馬を利用したい人にはDMMバヌーシーはおすすめのサービスです。

DMMバヌーシーのデメリット

投資目的としてDMMバヌーシーの利用を考えている人には、おすすめ出来ないサービスです。

というのも、DMMバヌーシーで馬主になったとしても資本として投資した元本を下回る可能性の方が高いからです。

競走馬の元値から実際に掛かる費用を考慮しても、かなりお高い投資と言えます。

競馬ファンは多いのに対して競走馬の馬主になれる一口馬主というサービスの利用者が少ないのは、単純に競馬をしたほうが戻ってくるリターンが高いと理解しているからです。

これはDMMバヌーシーに限ったことではなくて、一口馬主のシステム自体がぼったくりなので投資目的で参入するのはなしです。

演歌の大御所の北島三郎さんも馬主として、G1優勝したキタサンブラックが有名ですが馬主への投資は掛かる経費が回収できるかは分かりません。あくまで夢の1つとして投資をする方が多いので、バヌーシーもそう言った目的で利用することをおすすめします。

DMMバヌーシー利用の流れ

口座開設

  1. 口座のお申込み
  2. 本人確認とマイナンバーの確認
  3. 審査終了後、口座開設

DMMバヌーシーを利用するには、まず口座開設をする必要があります。口座開設に掛かる手数料と維持費は無料で、開設に掛かるデメリットは特にありません。

開設に必要な書類を用意し、本人確認書類とマイナンバーを提示します。

その後、審査が通れば口座開設が完了となります。

DMMバヌーシーへの出資の流れ

バヌーシーの利用は、アプリで簡単にすることができます。

あとは、アプリ上で気になる馬を選択して馬のプロフィールや生まれた生産牧場の様子・血統表などを確認します。ここで気に入った馬がいたら購入できるという流れです。

口座開設をしたすべての会員は毎週約4本の馬の近況動画を視聴することができ、0歳の仔馬からデビューまでの期間を馬主として見守ることができます。

また、オプションサービスの月額有料の「グリーンチャンネルWeb」に登録することでライブ配信を視聴可能です。

ライブ配信動画には、コメント機能も付いていて他のバヌーシー仲間と出資した馬のレースを一緒に楽しむことが出来ます。

まとめ

投資としてみた一口馬主というサービス、そして「DMMバヌーシー」はあまりメリットがほとんどないので他の投資をした方が効率が良いでしょう。

ですが、DMMバヌーシーは少額で馬主になることができて、これまで馬主という経験をしてこなかった人向けに感動体験を得ることができるサービスと言えるでしょう。

競馬に本気で投資をしたい人というよりかは、楽しみながら競馬に参加してみたいというユーザーにはおすすめできると言えます。

 







SNSでフォローする
関連記事
No articles