仮想通貨・FinTech・投資に関する情報を配信。

フレンドファンディング「Polca(ポルカ)」とは?新たな資金調達の形。




クラウドファンディングサービスを運営するCAMPFIREがリリースした話題のアプリである友人同士で資金を調達できるフレンドファンディング「Polca(ポルカ)」。

新たな資金調達の形として、注目を集めていますがPolca(ポルカ)について紹介したいと思います。

フレンドファンディングアプリ「Polca(ポルカ)」とは?

クラウドファンディング事業をメインに、事業展開するCAMPFIREが運営するフレンドファンディングのPolca(ポルカ)。

フレンド(友人)とファンディング(資金集め)を融合した造語のフレンドファンディングは、身近な友人や会社の同僚同士で始めることができる少額のクラウドファンディングです。

通常のクラウドファンディングは運営側の審査をもとに、プロジェクトがクラウドファンディングサイト上でアップされますが、審査は不要でアプリを使って簡単に資金を集めることができるサービスです。

フレンドファンディングPolca(ポルカ)

Polca(ポルカ)の特徴

Polca(ポルカ)の特徴を簡単に説明すると以下のようになります。

・審査は不要

・アプリを使ってSMS認証のみで利用が可能。

・少額300円から支援ができる

・目標金額は10万円までと少額

・募集期間や目標金額達成・未達成などのルールなし。

・集まった資金がPolca(ポルカ)に貯まって利用が可能。

・基本利用料は無料

クラウドファンディングのライト版のような感じですが、友人間での資金集めとなるため資金を集めるという側面と、友人間のコミュニティサービスとして側面を持っているイメージです。

Polca(ポルカ)の使い道とは?

Polca(ポルカ)を利用する際の使いみちは、何でもあり。友人間でのシェアとなるため「個展を開きたい」や「イベントをしたい」でもいいですし、プライベートな内容でもビジネス的な内容どんなものでも使うことが出来ます。

友達との誕生日会を開くために資金を集めるなんてこともできるでしょう。

実際にサービスを見てみると、友人感でワリカンができるPaymo(ペイモ)や決済代行のAnyPayに近いイメージがあります。

ただ、ワリカンという要素以外にもプライベートな内容に関して資金を集めて何かしらのリターンを返すという意味ではフレンドファンディングは新しいサービスの形で、利用価値はありそうです。

Polca(ポルカ)の利用の流れ

実際に、Polcaを使う際の利用の流れを見てみましょう。

使い方は至ってシンプルで1分も掛からず、フレンドファンディングをスタートすることができます。

フレンドファンディングPolcaの流れ
  1. Polcaでフレンドファンディングの内容を入力
  2. 目標金額を設定
  3. お返し(リターン)を設定
  4. 友人からの支援を集める

実はやることはこの4つのみです。

フレンドファンディングの内容を入力し、写真の設定などを行います。内容に基づいた集めたい目標金額を設定し、資金をくれた相手に対してお返し(リターン)を設定します。

アプリで簡単に始めることができるので、すぐにフレンドファンディングをしてみたいというときでもかなり便利です。

あとは、発行されたURLを友人に送ったり、SNSを使ってシェアをして支援を集めることができます。

URLが送られてきた友人は、アプリを開いて支援金を支払い、その後は直接本人からリターンを貰えるという仕組みになっています。

ここで1点注意したいのは支援金は、目標金額以上集まる可能性もあるためリターンがどれぐらいできるかを見越した上で、Polcaを利用する必要はでてきます。

クローズドなソーシャルコミュニティサービス

Polcaはアカウント発行時にSMS認証のみのため、Facebookなどの他のアプリの連携は一切しません。

つまり、利用しているユーザーもPolca開設時には分からないというクローズドな環境下にあります。

また、作成したフレンドファンディングに対してURLが作られることで資金集めができるのですが、これを友人に送らない限りは自分のみが閲覧できる状態になります。

LINEやメッセージをもとに個々に送るということもできればTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアを通じて拡散することもできます。

つまり、URLベースでの企画となるため他の企画などの閲覧は不可能となっており、クローズドなソーシャルコミュニティとして活用することができます。

クラウドファンディングは、インターネットを介して多くの人にプロジェクトを宣伝し、資金を集めるという特性に比べてPolcaのフレンドファンディングはオープンなプラットフォームではなく、親しい仲のクローズドなコミュニティで活用されるサービスと言えます。

まとめ

「お金をもっとなめらかに。お金でもっとなめらかに。 お金がコミュニケーションと共にある世界を目指して。」というコンセプトの元作られたフレンドファンディングPolca。

CAMPFIRE代表の家入さんのツイートにあるような、個人を中心とした、小さく、そしてやさしい経済圏というコンセプトは非常に共感できる点でもあります。

個人間で助け合いながら利用できるやさしいサービスとしてどのように使われていくかが注目のフレンドファンディングPolcaです。







SNSでフォローする