仮想通貨・FinTech・投資に関する情報を配信。

FX投資のメリットとデメリット。【リスクを知って堅実な取引を】




FX投資は、外国為替の売買で生まれる差益を獲得する投資の一種です。

少額で始めることができ、大きなリターンを生み出せると多くの人が参入をしていますが、FX投資にはメリットもあればデメリットと呼べるリスクもあります。

本記事では、FX投資を始めようと考えている人向けにFX投資のメリット・デメリットを解説していきます。

FX投資のメリット

FX投資のメリットは、色々ありますが以下の点がメリットと言えます。

  1. 高いレバレッジを利用することができる
  2. 24時間いつでも取引ができる
  3. スマホでも取引できる
  4. 長期売買であれば、スワップ金利の獲得も可能。
  5. その他

高いレバレッジを利用することができる

FX投資の最大のメリットは証拠金取引のため手持ち資金より大きな金額のトレードができます。

国内の業者であれば、最大25倍までのレバレッジを掛けることができるため、4万円の元手で100万円相当のトレードができます。

他の投資と比較した際に、高いレバレッジを利用することができるのがFXの大きなメリットで、ハイリターンを狙うことができる投資です。

もちろん、ハイリターンだからこそハイリスクでもあるため損失額も大きくなるデメリットがあります。(デメリットで後述しています。)

とはいえ、必ずレバレッジを掛けなければいけないというわけではないので、リスクヘッジのために元手資金をそのまま運用することも可能ですし、レバレッジを数倍に押さえて置くこともできます。

資産状況にあわせて、1倍〜25倍のレバレッジを選択できるのは他の投資ではなかなか得ることができないメリットです。

少額投資が可能となるFXは、投資としての参入の敷居の低さもメリットであり、取引手数料も非常に安いため多くの利益を上げることも可能な投資です。

24時間いつでも取引ができる

時間に囚われずに、取引ができるのもFX投資のメリットです。

外為市場は、世界の月曜の午前3時にニュージランドから始まり、シドニー→東京→香港→シンガポール→フランクフルト→ロンドン→ニューヨークと市場を移動し、ニューヨークの市場が閉じる土曜日の午前6時(冬季7時)まだ休みなく取引ができます。

つまり、日曜日とその前後の時間を除けば常に取引が可能です。

サラリーマンが仕事の後に投資に参加することも可能ですし、時差も関係しないため旅行をしながらや空いている時間で取引ができます。

スマホでも取引できる

FX投資と聞くと、チャートをパソコンやディスプレイを何枚か利用して見ているイメージが強い人もいるでしょう。

しかし、現在は多くのFXを提供する提供会社がスマートフォンアプリを提供しており、ツールの完成度も優れているためスマホを利用して取引する投資家も増加しています。

タブレット版のアプリも提供しているFX証券会社もあるため大きな画面でチャートを見たりすることも可能です。

スマホで取引できるため空いている時間に、市場の値動きを見たりも可能になったため始めやすさも大きなメリットと言えます。

長期売買であれば、スワップ金利の獲得も可能。

FXは、外国為替の取引で主流な通貨は、ドル・ユーロ・円で、FX投資初心者はドル円から始めることがほとんどですが、他の国の通貨でも取引が可能です。

金利の高い国の通貨で買いポジションを保有している場合は、通貨間の預金金利の差「スワップ金利」を得られることができます。

例えば、豪ドル(オーストラリアドル)は、金利が1.5%と高額ですが日本の金利は0.1%と少額ですが、豪ドルを保有しておけば2国間の金利の差である1.4%を毎日受け取ることができます。

長期保有の手法でFXを始めるのであれば、「スワップ金利」は大きなメリットと言えます。

その他には数多くあるFX投資のメリット

代表的なFX投資のメリットを説明しましたが、その他にも数多くのメリットがFX投資にはあります。

FX投資を始めるときは、証拠金として入金するのは日本円です。

例えば、ドル円で取引をする際に、日本円でドルを買う(ロング)だけでなく、証券会社からお金を借りるイメージで売り(ショート)からも入れるため効率よく利益を上げられる可能性があります。

また、自動売買が可能なシステムをFX運用会社が提供をしていたり、各国の通貨が投資の対象となるため株式のように倒産や破産などの危険性が低い点が上げられます。

FX投資では大きなメリットを得ながら利益を上げることができる投資です。

FX投資のデメリット

メリットも多いFX投資ですが、それにはデメリットと呼べる大きなリスクもあります。

投資を始める上で大切なのは、大きく稼ぎ出すことでなく元金である投資金を減らさないことが非常に重要となるためFX投資を始めるに辺り、出て来るリスク・デメリットは様々ありますが以下の3つは知っておく必要があります。

  1. 自動ロスカットがある
  2. 追証のリスクがある
  3. メンタル面の維持が大変

 

自動ロスカットがある

レバレッジを掛けて取引を行うため、利益も多く獲得できますが損失も同じ分だけ大きくなります。

為替変動が儲かる方向に動いたのであれば、利益がでますが、逆に大きく動いた場合は証拠金を超える損失が生じる恐れがあります。

一定以上の損失が確定した時点で、FX会社によってポジションが自動的に解除され、トレードを終了せざる終えないことが自動ロスカットのルールによって決められています。

自動ロスカットがあるおかげで、投資家の損失を押さえてくれるメリットもあるのですが、損失は一時的な値動きで、その後利益の方に傾いた場合も自動ロスカットされていれば損失になってしまいます。

追証リスクがある

FXは証拠金取引のため、リスク管理が非常に重要です。

リスク管理怠ることで、元本の損失が大きく膨れてしまったり、それは自動ロスカットの機能が追いつかない、為替相場の急激な大変動のときなどにあり、証拠金以上の損失が発生することがあります。

証拠金以上の損失が発生した場合は、FX会社から追証を求められます。

追証とは、追加証拠金の略称で、FX会社に追加の証拠金を入金をしなければいけなく、投資金を損失するだけでなく、FX会社に借金をしている状態となります。

特に、長期保有で取引を行う投資家に取って為替変動による損失が証拠金額を下回った場合は、追証があるので元本以上の資金が必要になっていきます。

FXには自動ロスカットと追証のリスクが有るため、常にリスク管理が求められる投資と言えます。

メンタル面の維持が大変

FX取引で、利益を生み出すのは為替相場を読み解く分析・手法だけでは継続的な利益を生み出すことができません。

トレードの負けはメンタルに負荷がかかります。負けた額を取り戻そうと冷静ではない状態で取引を行い、損失が膨らみ止めていく投資家も多くいます。

少額で始めていて、利益・損失が数百円程度で勝つことができても、リターンを多くしていくためには取引量を増やすため金額にして数万円・数十万という勝ちもあれば負けもあります。

数万円・数十万円単位で負けた時に、メンタル維持をしっかりとできなければ大きな額を稼ぎ出すことも困難と言えます。

メンタルコントロールをしっかりと出来ることがFX投資家の必要不可欠な要素です。

まとめ

今回は、FX投資のメリットと起こり得るデメリット・リスクに関してまとめました。

FXは少額で始めることができて、高いレバレッジを掛けることで大きなリターンを見越した投資がすることができます。メリットも今回紹介したこと以外にも多くのメリットが存在します。

その反面、リスクとして損失額が膨れる可能性があったりとFX投資を始めるにあたってのデメリットも存在します。投資に置いて、リスクは付き物のため確かな情報と知識を付けることは投資には必要不可欠な要素と言えます。

今回説明した代表的なデメリットも、投資の知識を付け、トレードの手法を決めながら堅実な取引を行うことでリスクは低減させることが可能です。

FX投資で大きく稼ぐことを考えずに、大きく負けないように常に知識を入れながら実際に試して時間を掛けながら取引をしていけば、FX投資のスキルを磨くことができます。

本記事で解説したメリット・デメリットが参考になれば幸いです。







SNSでフォローする