仮想通貨・FinTech・投資に関する情報を配信。

「勝てる手法を探しは無意味」FXで重要なメンタルコントロール。




投資を始めるにあたって、「勝てる手法を探そう!」と情報収集していませんか?

投資の世界では、絶対は存在しないですし、勝てる手法を探している間は残念ながらFXで勝つことが出来ません。

そして、FXトレードで勝てない間は「投資は自分に向いていない。」「FXで勝つことはできない」と脱落することも非常に多いです。

今回は、「勝てる手法」に注目をするのではなくFXトレードで重要なメンタル維持についてお伝えしたいと思います。

FXトレードでメンタルが非常に大切な理由

投資は、心理状態に非常に影響されるという特徴があります。

FXトレードをしているときも感情に大きく揺さぶれるため、メンタルコントロールが非常に大切です。

それは、自分が投資をしている金額をレバレッジを掛けて運用するため利益が得る際は調子よく続けることができますが、一瞬の内に数万円・数十万円の損が膨らむこともあります。

自己資金が、一瞬の内に消えてしまうことがある可能性がある中で冷静にメンタルをコントロールすることは非常に難しいです。

投資金額が増えることで、利益も大きくなりますがその分損失も大きくなります。

この状況下で、メンタルを維持していくことはFXトレードで一番重要な要素で、投資金額が大きくなればなるほどこの管理がFXトレードの中で勝敗を分けます。

利大損小。利益を残す負け方を知る。

FXトレードをする中で、毎回の取引を勝とうとしていませんか?

FXを始めたての方が勘違いしているのが、FXトレードで勝とうとしてしまうことです。利益を得るためにトレードで勝つことは必要なことなんですが、勝ちもあれば負けもあるのが投資です。

100%の可能性で勝つことは、ほぼ不可能です。

ではどうすればいいのか?それは、「利益を残す負け方を知る」ということです。

FX投資の理想的なトレードは、「利大損小」です。大きく利益を取りながら損は少なくすることを意識して取引を行うことを「利大損小」と言います。

ところが、FXトレードをしていると「利小損大」となってしまう投資家が圧倒的に多いのが現状です。

トレードをしている中で、利益が出たから損をしないように早めに利益獲得をしようという心理が無意識に働き、損をしている時は損をしたくないからもしかしたら利益の方に転換するのではないかと考えてしまい、そのまま利益に転換せず損が膨らんだままになってしまうということがあります。

投資を続けていく上で、小さく負けて大きく勝つということを常に意識をして取引を行うことで、取引で損失を出したとしても利益をしっかりと残すことが可能になります。

勝てる理由を探さずに、負けない理由を集める。

取引をする中で、ここでロング(買い注文)すれば利益を上げれるやここでショート(売り注文)すれば、これぐらい利益を得ることができるだろうと取引で勝てる理由を探していませんか?

これは、大きな間違いです。

常に勝たなければ行けないという心理でいると、FXトレードをする事自体が苦痛になり、メンタルコントロールが大変です。

ポジションを持つことで大事なのが、損失を出さない「負けない理由」を集めることです。

トレードをする上で確立された手法で、トレンド系・オシレーター系のツールを利用してテクニカル分析をしたり、経済指標を見てファンダメンタルズ分析などをしたりすると思います。

この分析で、「勝てる理由」を探すと1つの分析で「勝てる理由」が当てはまれば、他の指標はポジションを持つべきではないとしていてもポジションを持ってしまうという心理が働くことがあります。

他の指標がノーと言っているのにかかわらず、ポジションを持ったため損失に動いてしまう可能性もあります。仮に利益を出せたとしてもそれが成功体験に変わってしまい、正しいトレードポイントではないので、次の取引で損失を出す可能性もあります。

そこで、「負けない理由」を探すことで、この時点でポジションを持つことで負けない要素を分析します。テクニカル分析で、AとBとCが当てはまっているから負けないだろうとポジションを持つことができます。

もし、ここでAという分析が当てはまる要素のみが「負けない理由」であれば、前者と比較して負ける確率が高まります。

FXトレードで自己資金を減らさずに負けないためには、ポジションを持たない・取引をしないということです。

特に、損失が増えてしまうと資金を元に戻そうと「勝てる理由」を探して、無理にポジションを持ってさらに損失を増やしてしまうこともあります。

自分はそんなことはないと考えていても、冷静にメンタルコントロールをすることは絶対にないので、「勝てる理由」を探さずに「負けない理由」を探しながら取引をしましょう。

無駄なトレードを減らす。

「利大損小」「負けない理由」と説明してきましたが、FXトレードで利益を得るためには「無駄なトレード」を減らすことが大切です。

単に、勝ち数を増やして取引をするのは心理的にもストレスです。常に取引で勝つ回数を増やさなければいけないのは、焦りにも繋がります。

「利大損小」「負けない理由」を意識することで、無駄な負けトレードを減らすことができて結果的に利益を増やすことができます。

無理にトレードをすることで、「投資金額が減る可能性がある」ということを理解しましょう。

「絶対に失敗しない・勝てる」ということは、絶対にないため自意識過剰にならずに堅実なトレードを心がけましょう。

取引ルールを作る。そして、絶対にルールを守る。

FXトレードで継続的に、利益を獲得していくには必ず取引ルールを持つ必要があります。

「とりあえず、トレードを始めてみよう」という考え方は非常に危険です。投資の世界、為替相場はどのように変動するかに100%はありません。

テクニカル分析でトレードをするのであれば、経済指標がでる前後30分は取引はしないや兼業投資家であれば仕事のときはチャートを見ないで、決めた時間だけで取引をするなど自分のライフスタイルに合わせて取引ルールを作るとストレスなく継続したトレードができます。

また、チャートに囚われすぎると仮にFXトレードで大きな利益を得ることができたとしても常にチャートを見なければいけないとトレードをするのがストレスに感じることもあるでしょう。

どのようなスタイルで、FXトレードをしていきたいかを考えて取引をしましょう。

最後に

FXトレードで大切なことは、心理状態を維持するメンタルコントロールです。

今回説明した以下の点は、トレードをするときに意識するようにしましょう。

  • 利大損小。利益を残す負け方を意識する。
  • 取引をする際に負けない理由を探す。
  • 無駄なトレードは絶対にしない。
  • 取引ルールを作り、絶対に守る。

FXで利益を得るための方法や考え方は数多くありますが、FXトレードで損失を出して離脱していく人は損失を出した際の負け方に問題があったり、メンタルコントロールがうまく出来ていなかったりします。

今回説明したのは、一例ですが参考にしながらFXトレードに取り組んでいきましょう。







SNSでフォローする
関連記事
No articles