仮想通貨・FinTech・投資に関する情報を配信。

アメリカ大手クラウドファンディング「Kickstarter」が9月に上陸。




アメリカの大手クラウドファンディングサイト「Kickstarter(キックスターター)」が2017年9月13日に日本に上陸し、サービスをローンチすると発表。

CAMPFIRE(キャンプファイヤー)やMakuake(マクアケ)などのクラウドファンディングは日本でも浸透しつつ、様々なプロジェクトが注目を集めるがアメリカで大手のクラウドファンディングがどれほど日本で浸透し、展開されるか注目をしていきたい。

本記事では、Kickstarterのクラウドファンディングの特徴を紹介したいと思います。

クラウドファンディング「Kickstarter(キックスターター)」とは?

クラウドファンディングは、「こんな商品を作りたい」「こんなサービスを作りたい」という人がクラウドファンディングサイトを利用してプロジェクトを公開します。

そのプロジェクトに協賛したいと思ったユーザーがお金を出して支援し、実現することを目的にしています。

新しいアイディアだけでは、実現できないことをクラウドファンディングを活用して資金を集めることで実現可能にするという仕組みになります。

「Kickstarter(キックスターター)」は、アメリカを拠点としたクラウドファンディングサイトで2009年からサービスローンチするクラウドファンディングサイトの中では歴史の長いサービスです。

世界中の1,300万人以上の人がKickstarterを利用し、新たなアイディア・プロジェクトを支援しています。

Kickstarterではサイト上で公開されるプロジェクトごとに期限と目標金額が設定されます。設定した期限内に目標としている金額が集まれば、資金を出してくれたユーザーからお金が徴収され、プロジェクト責任者はその資金を利用してアイディアを形にすることが可能になります。

目標額に達しなかった場合は、資金集めが失敗となりユーザーはお金は徴収されません。より良いプロジェクトのみが支援され、実現されるという仕組みとなり、失敗した後も何度も挑戦できるのもKickstarterの特徴の1つです。

クラウドファンディング出資者の特典

Kickstarter上で、プロジェクトにお金を出して支援をすると報酬(Rewards)が還元されるようになっています。

日本のクラウドファンディングと似ており、プロジェクト毎に設定された特典を獲得できるようになっています。

よくある例が、完成版の製品がもらえるプロジェクトなどが多くて予約注文に近い形になりますが多くのプロジェクトへ資金サポートがされています。

日本に進出した場合も、完成版の製品が貰えるようなプロジェクトが人気が集まり、プロジェクトの数も多くなっていくでしょう。

注意したいのは、Kickstarterのクラウドファンディングサイトも資金サポートをしているだけなので株主として出資ができるわけではないので応援したいプロジェクトに共感を持ったユーザーからお金を集めることができて、そのお礼として特典を用意するという仕組みになっています。

9月13日にローンチする「Kickstarter Japan」

現在は、ウェブサイトも英語版のままですが、ローンチまで期待が高まります。

国内で告知しているウェブページに設置しているメールアドレス登録フォームに登録したユーザーに対して、9月13日に「Kickstarter Japan」を公開するとしています。

Kickstarter Japan(キックスタータージャパン)

日本のクラウドファンディングと比べて、どれだけ差別化を出して新しいプロジェクトができるか注目して見ていきましょう。







SNSでフォローする
関連記事
No articles