仮想通貨・FinTech・投資に関する情報を配信。

円高・円安って?仕組みをわかりやすく解説。




円高・円安とニュースでよく見にしますが、この仕組みをしっかりと理解できていますか?

FXを始めるにあたり、円高・円安を理解することは非常に大切なことです。FX以外にも日本の経済や私たちの生活にも大きく影響しておくべきことです。

今回は、円高・円安について簡単に分かりやすく解説していきます。

円高・円安ってどういうこと?

円高・円安というとアメリカの通貨である米ドルに対して、円の価値が高くなっているか、安くなっているかを表現しています。

例えば、1ドル120円なら1ドルを購入する時に、120円必要になります。

もし、1ドル100円に相場が変わった場合は、1ドルを購入する時に必要な円は、100円です。

つまり、1ドルを購入する際に必要な円が減るため円の価値がドルより上がっていることになり、「円高」と言います。

「円安」はこの逆で1ドル100円から1ドル120円になれば、1ドルを購入する際に必要な円は20円多くなっているため円の価値が低くなったことになります。

円高・円安の例

円高=1ドル120円 → 1ドル100円

円安=1ドル100円 → 1ドル120円

数字が減っているのに「円高」で、逆に数字が増えているのに「円安」と違和感を持つ人もいるかもしれませんがこの仕組を理解しておくことは非常に大切です。

FXでのトレードの場合は、1ドル100円の時にドルを購入しておいて1ドル110円になった際にドルを売れば10円の利益を生むことができます。

このように為替変動を利用して利益を得るのがFXです。

ロングとショート(買いと売り)

円高・円安の為替変動を利用して利益を得るFXトレードですが、円しか保有していない場合でもドルを売って円を購入することができます。

ややこしく聞こえますが、FXでは外貨が下がりそうだと思ったら外貨を売ることからスタートできるという特徴があります。

なるべく外貨が高いタイミングで、売りにだしておき安くなった時点で買い戻す取引で利益を得ます。120円のときに、ドルを売り100円になった際に買い戻せば20円の利益がでることになります。

外貨を買うことを「ロング」と言い、売りから入ることを「ショート」と言います。

ロング(買い注文)

ドル/円=1ドルを100円で買う(ロング)

→1ドルが120円のときに売る(ショート)

20円の利益を獲得!

外貨の価値が安い時に、外貨を購入(ロング)しておきその価値が上がった際に外貨を売る(・ショート)ことでその差益を得ることができます。

外貨の価値が安いということは「円高」で、その後外貨の価値が上がるため相対的に「円安」に動いたとも言えます。

ショート(売り注文)

ドル/円=1ドルを100円で売る(ショート)

→1ドルが80円のときに買う(ロング)

20円の利益を獲得!

外貨の価値が高い時に、外貨を購入(ロング)しておきその価値が下がった時に売る(ショート)ことで生まれる差益を得ることができます。

外貨の価値が高いということは「円安」の状態で、価値が下がり相対的に「円高」に動いたとも言えます。

この新規の取引を始めることを「エントリー」と言い、「エントリー」後に利益・損失を獲得するにはロングであれば売りをショートであれば買いをする反対売買の「決済」をします。

まとめ

円高・円安やドル高・ドル安と少しややこしいですが、基本は本記事の冒頭で解説した「円高」「円安」を覚えておきましょう。

FXのトレードをする中で、最初の方は「円高」「円安」なのかすぐにはわからないかもしれませんがすぐになれます。実際にトレードを始めてみればすぐに覚えることができます。

 







SNSでフォローする