仮想通貨・FinTech・投資に関する情報を配信。

maneo(マネオ)は安全?maneoの評判と利用するメリット。




日本初のソーシャルレンディング事業者で、国内最大手のmaneo(マネオ)。

今回は、これからソーシャルレンディングを始めようと思っている人向けに、maneo(マネオ)で投資運用するメリットがあるのかや、評判・信頼性など解説していきます。

maneo(マネオ)とは?

maneoを運営するmaneoマーケットは、2008年から運営を始めた日本初のソーシャルレンディングで国内最大手の事業者です。

ソーシャルレンディングとは、インターネットを介してお金を借りたい人とお金を貸したい投資家を結びつけるサービスです。

ソーシャルレンディングについては以下の記事で詳しく説明しています。

ソーシャルレンディングとは?仕組みと投資メリットを解説。

manoマーケットは、GMOクリック証券と業務提携を締結したりと、事業拡大をしており、株主にも有名企業やVC、連ねていて信頼度の高いソーシャルレンディング事業者と言えます。

maneoマーケット株式会社の株主
  • GMOクリックホールディングス
  • SMBCホールディングス(三井住友銀行グループ)
  • 株式会社VOYAGE VENTURES

業界シェアNo.1の国内50%のシェアを誇るソーシャルレンディング

maneoは、ソーシャルレンディング事業者の中で日本初ということもあり、運営歴が長く国内シェアも50%と人気の高い事業者です。

登録ユーザー数も52,000人を超え、投資家から集め企業に融資をした成立ローン総額820億以上と業界トップのソーシャルレンディングです。

そして、ソーシャルレンディングは投資をした元本が保証がされないというリスクが伴いますが、投資家の安全性を最優先にした仕組みをもとに運営がされています。

maneoのソーシャルレンディングの仕組み

投資家の安全性を最優先にした仕組みですが、maneo(マネオ)で取り扱う案件は、不動産の取得資金や分譲住宅の建設費用、飲食店や店舗の開業資金など事業性の資金のみです。

企業として運営している事業のみを取り扱い、借り入れ希望者から決算書や事業計画書、資金繰り表などの資料をもとに、厳正な審査と経営者との面談の上、審査を通った企業のみに融資を行います。

元本保証がされておらず、投資家は投資先の企業の情報入手が限定的なため、投資をするにあたって、ソーシャルレンディングの運営側の審査はリスクを低くするために非常に重要な点の1つです。

ソーシャルレンディングのリスクについては以下の記事で解説しています。

ソーシャルレンディングの高利回りに隠されたリスクとは?【徹底検証】

そして、1つのローンファンドに投資をした資金は1社のみに貸付を行うのではなく、2社以上の会社に分散され投資が行われます。投資金を入れた時点で融資先が分散されているためリスクを低減させた投資を可能としています。

maneo(マネオ)を利用するメリット

ソーシャルレンディング事業者としてトップを牽引するmaneoですが、利用するメリットをポイント毎にまとめました。

運用実績が高く、信頼・評判がいい。

運用実績が高いのは、ソーシャルレンディングを始める上で一番重要なことです。maneoは、国内シェアも50%以上で、利用者・ローン総額ともに実績が高い点があるので、始める上での十分なメリットと言えます。

会員数を増やし続けている理由としても信頼度と評判が高いことがあるので、比較的リスクを低減させてソーシャルレンディングを始めることができます。

5%〜8%程度の金利で運用が可能。

maneoを利用したソーシャルレンディングでは、平均的な金利は5%〜8%です。

他のソーシャルレンディング事業者と比較して、高金利であるかと言われるとそうではないのですが、安定的に金利を稼ぐ上では十分メリットの高い利回りと言えます。

5%〜8%の金利の案件は、保証会社や担保を取得しているケースがほとんどなので、元本割れのリスクも低減して運用することができます。maneoの案件の中にも12%前後の高金利の案件も存在するので、リスク分散をしながら投資を行うにはおすすめです。

余裕のある資金を銀行に100万単位で預金をしていても金利は、非常に低いので数百円程度しか増えません。

それと比較すると寝かせてしまっている金額をローリスクで運用するには最適です。

最低投資額は10万円以下で、少額の分散投資が可能。

maneoで融資金を集めている案件は、最低投資額が10万円以下と少額投資が可能で、仮に100万円の余裕資金があるのであれば、10万円を10の案件に分散をして投資が可能です。

少ないものだと1万円〜の案件もあるので、自己資金に合わせたソーシャルレンディング運用が可能です。

成約手数料・事務手数料等が0

maneoの投資案件に対する成約手数料や事務手数料等は一切掛からず無料なので、投資講座開設後の口座内での投資や分配金に入金などの振込手数料は一切掛かりません。

金利が高いとは言え、手数料などで費用が掛かってくるとリターンも少なくなってくるので、手数料が一切かからないのはメリットの一つです。

(※maneo投資口座内では手数料が0ですが、maneo口座から出金をする際は振込手数料がかかります。)

maneo(マネオ)の投資案件

maneoを利用するメリットを説明しましたが、代表的な投資案件は以下の3点です。

  • 不動産担保付きローンファンド
  • 保証会社付き安心ファンド
  • メガソーラープレミアムローンファンド

不動産担保付きローンファンド

maneo経由で事業者に対して、資金の融資を行うローンファンドです。事業者が所有している不動産を担保に入れるためもし、事業者が融資の返済ができずに万が一、貸倒れ状態になった場合も、不動産の担保売却を行い、資金回収を行います。

元本保証がないソーシャルレンディングでは、不動産担保があるのは比較的ローリスクと言えます。もちろん、不動産の価値にもよるので融資額に対して全額返済されるかは保証されていませんが比較的リスクが低いと言えます。

保証会社付き安心ファンド

事業者は、maneoの審査の上、保証会社を入れて借り入れを行います。保証会社が入っているため利回りとしては低いケースが多いですが、貸倒れが起きた際も保証会社が元本保証をしてくれます。

ローリスクで金利運用を行いたい人には、おすすめの案件です。

メガソーラープレミアムローンファンド

メガソーラー(太陽光発電所)の建設や関連事業をmaneo経由で融資する案件です。

建設後の太陽光発電所が担保と設定されています。

借入時は、特に担保・保証等がないため高利回りで運用ができる案件です、

その他の案件

maneoには、上記の3つの案件以外にも別サービスとして「グリーンインフラレンディング」というサービスを提供しています。

自然を活用した、エコエネルギーへの投資で、太陽光・水力・バイオマス等の事業に対して投資を行うソーシャルレンディングです。

社会意義のある案件でかつ発展途上国を含めた発電事業・インフラ開発事業への投資のソーシャルレンディングで、中長期の案件のため高利回りで運用ができます。

maneo(マネオ)の評判は?信頼できるの?

ソーシャルレンディングの特徴として、金融法で借り入れする事業者の社名が非公開になっているため、案件のリスク度の判別には限界があります。

つまり、ソーシャルレンディングを始める際は、ソーシャルレンディング事業者が借り入れをしたい事業者に対しての審査の基準や担保の価値などをどれほど厳格に行っているかが肝となります。

そのためソーシャルレンディングで金利運用をする際は、事業者の信頼度が非常に重要となります。

maneoの案件には、貸付募集ページに以下のような詳細な情報を掲載しています。

  • ローンファンドの概要
  • 募集総額(担保付きの有無)と投資可能金額
  • 案件の詳細な内容
  • 借り入れ事業者の担当者のコメント

案件の不透明性が高いソーシャルレンディングですが、maneoの場合は提示できる情報を詳細に掲載してくれています。

事業者は掲載ができませんが、その融資を担当しているコメントを見える化しているので出来る範囲で透明性があるので安心して投資ができると評判もあります。

これまでの運用実績も高いため国内シェア1位と、口座開設数も増加しています。

maneo(マネオ)で口座開設をして分散投資。

maneoでソーシャルレンディングを始めるには口座開設が必要になります。口座開設は無料で出来るため、まずは口座開設をしておくといいでしょう。

口座開設後も手数料などは一切かからず、運用ができます。

ソーシャルレンディング事業者側は、投資家に配当する金利に加えて年率約3%の金利を載せてソーシャルレンディング事業者に融資を行っているため投資家は手数料が掛からない仕組みになっています。

maneoに直接口座開設をするパターンとGMOクリック証券の口座を保有している方は、GMOクリック証券経由での口座開設が可能になっています。

まとめ

maneoは国内初ソーシャルレンディング事業者で、運用実績も評判が高く、口座開設数も国内でトップです。

maneoがもし倒産した際も、投資家から受け取った金額は分別管理が行われており、万が一maneoが倒産しても元本保証は保証されています。

一部の事業者の中では、投資家から受け取った金額の分別管理がずさんということもありますが、運用実績からして安心して始めることができます。

maneoや複数のソーシャルレンディングの口座を開設して、自分の資産と運用方法を考えた上で、始めてみるといいでしょう。

キャンペーンで高利回りの案件も数多くあり、多くの投資家が参加するため募集がすぐに埋まることもあるためmaneoで口座開設をしておいて、すぐに案件に参加できるようにしておくことで効率的に余裕資金を金利運用ができます。

ソーシャルレンディング maneo







SNSでフォローする
関連記事
No articles