仮想通貨・FinTech・投資に関する情報を配信。

SBIソーシャルレンディングの口座開設方法【簡単開設】




SBI証券や住信SBIネット銀行などを運営するSBIホールディングスの子会社「SBIソーシャルレンディング」。

貸付型のクラウドファンディングの中で、金融大手のグループが実施をしているということで信頼度のあるソーシャルレンディング事業者ですが、今回はSBIソーシャルレンディングの口座開設方法を簡単します。

SBIソーシャルレンディングについては、以下の記事で解説しています。

【信頼と評判が高い】SBIソーシャルレンディング賢い資産運用を!

口座開設に必要なもの

SBIソーシャルレンディングで口座開設をするにあたって、以下の4つを準備しましょう。

  1. 登録用メールアドレス
  2. 本人確認書類
  3. マイナンバー
  4. 銀行口座

本人確認書類とマイナンバーは、インターネット上でデータをアップロードするので、特にコピー等準備せずに、まずは公式サイトにアクセスしましょう。

SBIソーシャルレンディング口座開設の流れ

1.公式サイトにアクセスし、「会員登録」を選択します。

まずは、SBIソーシャルレンディングで利用するログインIDとパスワードを設定し、利用をするメールアドレスを入力します。

入力が完了すると、SBIソーシャルレンディングから入力したメールアドレス宛に、本登録作業用のURLが送られてくるので、メールを開いてURLにアクセスしましょう。

2.投資家適合制と個人情報などを入力します。

URLにアクセスをしたらまずは、氏名や連絡先・住所などの個人情報と勤務先情報を入力します。

また、「投資家適合性」情報の入力を求められ、年収や金融資産・投資経験などを入力します。該当するものを入力していきましょう。

3.口座情報の登録

個人情報・勤務先情報・投資家適合性の入力が完了したら口座情報を入力します。

金融機関情報は1つ設定ができます。SBIソーシャルレンディングを利用する上で、投資金と金利の出入金で利用する口座になります。

SBIネット銀行は、振込手数料も安いので持っている場合はSBIネット銀行を登録をしてもいいですし、利用しやすい口座を登録しましょう。

4.本人確認書類の登録

登録が完了すると、SBIソーシャルレンディングの公式サイトから会員用サイトへのログインが可能となります。

メールアドレスの設定と口座開設の際に設定をしたパスワードを入力して投資家用ページへログインをしましょう。

ログインをするとメッセージボックスというところに、「登録情報入力完了のお知らせ」が届いています。

ここでは、本人確認書類の提出をしてくだいとの内容が記載されているのでメールのガイド通り登録情報ページにアクセスします。

本人確認書類をアップデートするページへのリンクがあるので、そこで以下のファイルをアップロードします。

マイナンバー画像

本人確認書類画像(免許証や保険証)

銀行口座確認画像の添付

マイナンバーと本人確認書類の画像の他にも登録した金融機関の確認として、登録銀行情報(銀行名・預金口座・支店名または支店番号・口座番号)が記載されている通帳やキャッシュカードの画像が必要になります。

ネットバンギングの場合は、銀行のウェブサイトに記載されている情報のキャプチャ画像でも銀行口座確認が取れます。

アップロードが完了して、以下の画面が表示されたら登録手続きは完了です。

本人確認書類の受領がSBIソーシャルレンディング側で完了したら登録のメールアドレスに連絡が届き、会員サイト内で「必要書類一式受領のお知らせ」が届きます。

ハガキの受け取りを完了させて、投資運用を開始。

SBIソーシャルレンディングの公式ホームページで、口座開設手続きをしてもすぐには運用することができません。

SBIソーシャルレンディングから本人確認のためのハガキが数日間で届くので、受け取ったらハガキに記載されている本人確認キーを公式サイトにアクセスして入力しましょう。

これが終われば、いよいよSBIソーシャルレンディングを利用して投資を始めることができます。

まとめ

SBIソーシャルレンディング事業者は数ある事業者の中で、2011年から運営を始めて運営歴も長く東証一部企業のグループ会社ということもあり、信頼のある会社です。

利回りは、他のソーシャルレンディングと比較するとそこまで高くはありませんが、その分比較的ローリスクで投資ができる案件が多く、投資で得た金利の出金手数料も無料で出金が可能とメリットも多くあります。

ソーシャルレンディング投資の運用は、少額で分散投資がリスク回避のためにもなるため開設しておきたい口座の1つです。

SBIソーシャルレンディング

グループ会社(SBI証券)と連携した株式を担保に融資を行う、SBISL担保ローンファンドからオーダーメイド型のローンファンドなど数ある投資案件から選択して運用ができる事業者です。

詳しくはこちら 公式サイト

 







SNSでフォローする