仮想通貨・FinTech・投資に関する情報を配信。

スマホで少額投資!One Tap BUY(ワンタップバイ)の評判は?




ITが発達し、スマホが当たり前の現代ですがスマホで少額の投資が始められるOne Tap Buy(ワンタップバイ)はスマホ専門の証券会社です。

1,000円からの少額でAmazonやGoogle、Appleなどの米国株式に投資することができると注目を集めています。

今回は、One Tap BUY(ワンタップバイ)の特徴から評判、実際の使いやすさなど徹底的に解説していきたいと思います。

One Tap BUY(ワンタップバイ)とは?

スマホで手軽に株式取引を行うことを目的として提供されているサービスのOne Tap BUY(ワンタップバイ)。

最大の特徴は、

・スマホで簡単に株式の売買ができる

・30銘柄の米国株を1,000円から少額投資ができる

という点でしょう。

スマホアプリを使って、1,000円の少額から米国下部や日本株を購入できるサービスと積立投資も可能です。

「これから株式取引を始めてみたい」や「少額で簡単に取引をしたい」というユーザー向けのサービです。

株式投資は、1株・10株・100株と言った「株数」単位で購入をしますが、日本の証券会社経由では100株以上の単位の銘柄がほとんどです。そのため。最低でも数十万円〜は用意をして運用を始めるのが好ましいと言われていますが、One Tap BUYの場合は1,000円、1万円と言った金額単位での株式の購入が可能です。

そのため、最低でも数十万円〜は用意をして運用を始めるのが好ましいと言われていますが、One Tap BUYの場合は1,000円、1万円と言った金額単位での株式の購入が可能です。

配当金も購入金額に応じで分配されます。

One Tap BUYアプリで簡単に株式を購入ができる。

少額投資が可能なOne Tap BUYは気軽に資産運用を始めることができるため利便性も優れ、便利なアプリです。

株の売買は、株式市場が開場している間の取引のみが可能で、事前に注文が可能ですが約定(実際に株式が売買)されるのは市場が開場してからになります。

米国株であれば、One Tap BUYの場合は開場を気にせず、24時間364日いつでも購入と売却ができるのも特徴の1つです。

株式市場から購入するのではなく、One Tap BUY自体が保有している株式をユーザーが購入する形になり、保有する売却する際はOne Tap BUYが買い取りする形でサービスが成り立っています。

また、一般の証券会社では、チャートを見ながら成行注文・指値注文・逆指値注文などの注文方法があり、株価を見ながらどの注文方法を選択して利益を取るかを決めていきますが、One Tap BUYは金額を決めるだけで株式を購入できます。

そして、売却をするときも利益がでた部分の「利益分を売る」という指定ができるはOne Tap BUYだけでとにかく簡単に取引ができます。

One Tap BUYの手数料

One Tap BUYで取引をする際に、必要な手数料は以下の3つとなります。

  1. 取引手数料
  2. 為替手数料
  3. 入出金手数料

通常の証券会社であれば、手数料体系が株式投資が初めての人には意外と難しかったりするのですが、One Tap BUYはシンプルな料金体系になっています。

3つの手数料の中で、取引時に掛かる「取引手数料」と「為替手数料」はFXや外国為替取引と同様のスプレッドとなっています。

これは、株式の購入時(買付価格)と売却時(売却価格)に対して一定の手数料が設けられています。

買付時は、市場価格のプラス0.5%の手数料が掛かり、売却時に市場価格のマイナス0.5%の手数料が掛かるためトータルで約1%の手数料が掛かります。

購入するA者の株価が100ドルの場合は、One Tap BUYでの購入は、100.5ドルで購入する必要があり、売却時は95ドルで売却することになります。

つまり、株価が上昇した際は1%の手数料分を計算して、取引を行う必要があります。

また、外国株には別途外国為替手数料が掛かります。

一般的な証券会社とOne Tap BUYの手数料を比較した際に、少額取引であればOne Tap BUYがお得です。

1,000円から少額で株式投資ができるのも他の証券会社では存在しないので、少額取引であればOne Tap BUYを利用するメリットがあると言えます。

ただ、資産運用という面で、取引の額を上げていくのであれば手数料率がもっと安価な証券会社は存在するのであくまでライトユーザー向けの株式取引といえます。

One Tap BUYで取引できる米国株・日本株・ETF商品

One Tap BUYで取引ができる米国株と日本株ETF、そして日本株を投資運用できます。どのような銘柄に取引できるか見てみましょう。

優良企業30社の米国株

ニューヨーク証券取引所とNASDAQで取引されている銘柄の中から、One Tap BUYが厳選した優良株のみ取引ができます。

One Tap BUYの米国株代表例
  • Amazon(アマゾン)
  • Google(グーグル)
  • Apple(アップル)
  • Facebook(フェイスブック)
  • Twitter(ツイッター)
  • Microsoft(マイクロソフト)
  • VISA(ビザ)

など

ネットショッピングでお馴染みのAmazonからソーシャルメディアとして注目を集めるFacebook・Twitter、iPhoneやMacbookなどのプロダクトを提供するAppleなど優良株を簡単に売買ができます。

日本株ETF取引

ETFとは、Exchange Traded Fundの略で「証券取引所で取引される投資信託」という意味です。

投資信託は、投資の専門家であるファンドマネージャーが運用をしてくれる金融商品で、証券取引所で株のような買付・売却という売買ができるものをETFと言います。

株式取引を始めようと思ってもどの銘柄を購入していいかわからないという株式取引初心者におすすめのサービスです。

One Tap BUYで購入できるのは、日本の市場をまるごと購入できる3種類のETFで運用できます。

安定性を求めて、長期投資ができる「225投信(日経225連動型上場投資信託)」、ハイリターンを求めて短期売買する「日経レバETF(日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信)」、日経平均の株価を見ながら運用する「日経インバETF(日経平均インバース・インデックス連動型上場投信)」から選択して運用ができます。

日本株ETFも1,000円から運用ができるので、まずは勉強しながら資産運用をしたい人におすすめです。

優良企業30社の日本株

One Tap BUYが厳選した業績の安定性や馴染みのある優良企業30社の株式投資ができます。

他の証券会社では、数十万円から数百万円の金額を株式保有するためには必要になりますが、1,000円から株式投資ができるのでこれまで投資が出来なかった銘柄にもOne Tap BUYを通して取引が可能です。

One Tap BUYの日本株代表例
  • 楽天
  • SONY(ソニー)
  • 明治ホールディングス
  • オリエンタルランド
  • ファーストリテイリング
  • 資生堂
  • みずほフィナンシャルグループ

など

少額で取引が可能でリーズナブルな手数量で取引チャンスが豊富なのもメリットです。

取引可能時間は、東京証券取引所が開いている平日9時〜15時までの間なら取引が可能になりです。

ライフプランに合わせた積み株投資

米国株式の中で、アプリにまかせて運用を自動化することもできます。

自分に合わせたスケジュールを決めて、自動積立をすることができて1,000円からの少額から始めることができるのでむる内資産で運用が可能になります。

資産の運用も停止や再開が自由に設定ができるので忙しいビジネスマンにもおすすめで、定額でリスク分散をしながら米国株式市場で資産運用ができます。

One Tap BUYでの税金は?特定口座の利用が可能。

証券会社で口座を開設をする際は、「一般口座」と「特定口座」の2種類から選ぶことになります。

大きな違いは、税金と確定申告が関連していきます。

・一般口座

一般口座で取引される際は、1年間の取引結果を自分で集計をし、確定申告と税金納付を行う方法です。

・特定口座

1年間の取引結果を証券会社が集計をしてくれます。

One Tap BUYでも特定口座の開設ができます。特定口座の中にも源泉徴収ありとなしが存在し、「源泉徴収あり」を選ぶことで確定申告不要で税金の納付も証券会社が代わりに行ってくれます。

One Tap BUYだけで、株式取引を始めるのであれば「特定口座(源泉徴収あり)」を選んでおけば面倒な手続きが不要で資産運用ができます。

複数の証券会社でも株式取引の運用を検討している場合は、利益と損失の合算ができるので「源泉徴収なし」を選んで自身で確定申告と税金納付を行ったほうがおトクの場合もあるので、自身の資産運用に合わせて選びましょう。

未成年でも株式取引が始めることができる。

One Tap BUYでは、20歳未満でも口座開設ができます。

15~19歳の口座開設の手続き

未成年の場合は、親権者の同意を得た同意書と親権者と口座名義人の続柄を証明する書類を準備することで口座開設が可能になります。

0~14歳の口座開設の手続き

One Tap BUYでは、0歳からでも実質口座開設が可能になります。

この場合は、親権者が代理で取引を行うことを想定し、親権者のOne Tap BUY口座が必要になります。

金融教育の一環として、One Tap BUYを未成年が利用して見るのも良いかもしれません。

One Tap Buyは儲かる?メリット・デメリットまとめ。

One Tap Buyは、1,000円少額からの株式取引が可能で「これから株式取引を始めてみたい」なんて人にはおすすめのサービスです。

前述したように、米国株・日本株の中で優良企業を選んで運用ができる点も優れている点の一つですが、投資・資産運用として見た時のデメリットをまとめてみました。

手数料が高くなる場合もある。

One Tap BUYの手数料は、購入時・売却時の手数料がおおよそ1%と設定されています。少額でできるメリットもありますが、株式の購入額が増えていくのであればネットで簡単に証券口座を開けSBI証券やマネックス証券のほうが手数料が安い場合もあります。

投資額と取引内容によっては、One Tap BUYの方が手数料が少し高いなんてこともありえます。

取引できる銘柄が限定されている。

One Tap BUYが厳選した企業の株式取引ができる点は、株式取引が初めての人にとってはハードルが低く、安心できるポイントですが米国株30銘柄・日本株ETF3銘柄・日本株30銘柄に限られています。

One Tap BUYで扱っていない銘柄の株式取引を行いたい場合は、他のネット証券が開設が必要になります。

米国株の配当は円で換算される。

保有している米国株から配当金が配られた際は、日本円に換算されて口座に現金が振り込まれます。米国株の場合は、ドルで配当金を保有していたほうが資産運用としてはメリットが高いなんてときもあるので、米国ドルで保有をしていくことができないのが残念な点です。

まとめ

デメリットも少しだけ記載させてもらいましたが、これから株式取引を始めたいと考えているユーザーにとってはおすすめのサービスであることは間違えなしです。

スマホで1000円からグーグルやコーチ、スターバックスなどの30社の米国株が購入できる他、日本株ETF、楽天・みずほフィナンシャルグループなどの日本株も購入可能です。

使いやすく作られたアプリもおすすめできる点で、ネット証券と比較すると手数料も安く取引ができる点もメリットの1つです。

アプリで好きな企業を選んで、金額指定をするだけで株式投資が出来るので少額で売買をしながら株式投資を始めたい人におすすめのサービスです。

One Tap BUY(ワンタップバイ)







SNSでフォローする