仮想通貨・FinTech・投資に関する情報を配信。

ソーシャルレンディングの貸し倒れの実態【リスクを知った投資を】




クラウドファンディングの融資型として、高金利運用が可能なソーシャルレンディングですが、リスクとしてあるのは投信金額の貸し倒れです。

貸し倒れとは、投資金額の元本を損失するリスクのことを言いますが、ソーシャルレンディングを始めようと思っている方向けにソーシャルレンディングの貸し倒れの実情をまとめてみました。

ソーシャルレンディングの貸し倒れとは?

貸し倒れとは、ソーシャルレンディングで投資を行った元金が失うことですが、理由として借り手である個人・企業側が融資金額と利率を支払いができなくなり、結果として貸し手である投資家 のもとに金額が戻らないことを指します。

元本保証がされていないというリスクがあるソーシャルレンディングでは、企業や個人の資金繰りによって貸し倒れが起きる可能性があります。

貸し倒れは実際あるのか?

現状、ソーシャルレンディング事業者は貸し倒れ件数0の運営会社がほとんどです。

ソーシャルレンディング運営会社の業界最大手の「maneo」やSBIグループとして信頼の厚いSBIソーシャルレンディングは、貸し倒れ件数が0となっています。

数多くのユーザーがソーシャルレンディングを始めている中で、この貸し倒れ実績は非常に重要視すべき点で、一見「maneo」や「SBIソーシャルレンディング」は安心と思えるかもしれませんがこれには注意点があります。

例えば、SBIソーシャルレンディングのHP上には、「有価担保付事業」で貸し倒れ件数0としてるため他の案件では貸し倒れが実際に起きているのです。

有価担保付事業とは?

有価証券とは、上場株やゴルフ会員権などを担保に入れて、借り手側は融資を行うことをいいます。

ソーシャルレンディングの場合は、株式などが担保に入れられてもし借り手の企業や個人が支払い遅延や支払いができなくなった際もその担保を売却することで、貸し手である投資家に金額の変換を行います。

ここ数年でソーシャルレンディング事業者では、有価担保付事業では貸し倒れが起きていませんが、それ以外の案件では貸し倒れが実際に起きています。

運営実績の高いmaneoもSBIソーシャルレンディングも貸し倒れを起こしているため絶対的に安全というわけではありません。

なぜ、貸し倒れが起きたのか?

ソーシャルレンディングの案件は、現在企業が資金を借りる手段として利用を行っているため投資先は基本的には企業になります。

ですが、企業以外にも個人に対して融資を行っていたソーシャルレンディング事業者は、企業と比較できないほどにトラブルや詐欺案件などが存在して、結果的に貸し倒れが起きたという現状があります。

現在は、多くのソーシャルレンディング事業者が、個人向けの貸出を止めて企業限定で融資を行ったり、審査基準を厳しく設けていたりします。

企業限定にしたら貸し倒れがなくなった

貸し倒れは実際には、ソーシャルレンディングの過去の実績を見ていくと存在はしているものの国内大手のソーシャルレンディング事業者は、個人向け融資を止めて企業限定の融資に変更することで貸し倒れを無くしました。

企業であれば、株式や不動産など担保や保証を付けることが出来ますが個人の場合は、それが難しく個人向け融資を行うソーシャルレンディングはかなりのリスクがあると言えます。

結論:貸し倒れは実際にある。案件選びも慎重に。

安全性が高いといわれているソーシャルレンディング投資でも、元本を失う可能性は0とは言い切れません。

融資先を企業限定にしたことにより、貸し倒れリスクはかなりの数減ってきましたがリスクを知った上で投資を行っていきましょう。

また、個人に対しての融資はリスクが伴うことも理解しておきましょう。







SNSでフォローする