仮想通貨・FinTech・投資に関する情報を配信。

ソーシャルレンディングって安全?投資の安全性を考察。




ソーシャルレンディングでの投資は、結論として安全です。

投資として幾つか気をつけるべきポイントはありますが、ソーシャルレンディングは安全性の高い投資の1つです。

もちろん投資なので絶対がないため、ソーシャルレンディング投資をこれから始めようと思っている人向けに、安全に利回りを獲得するためのポイントをまとめてみました。

ソーシャルレンディング事業者選びが安全性を左右する。

ソーシャルレンディングは投資として安全性が高い金融商材ですが、安全性を高く運用するのに重要なのはソーシャルレンディングを始める際の事業者選びです。

ソーシャルレンディングについては以下の記事で解説しています。

ソーシャルレンディングとは?仕組みと投資メリットを解説。

ソーシャルレンディングを運営している事業者は、数多くありますがそれぞれの会社が様々な案件に対しての投資家を募集しています。

不動産案件特化からエネルギー系など多くの案件がある中で、ソーシャルレンディング事業者や提供している案件を理解して投資を始めることは非常に大切です。

運営会社の実績を見れば、貸倒れなどの有無やこれまでどんな案件を募集して投資家メリットである利回りがしっかりと分配されているかを確認することができます。

投資をする上で、安全に資金を管理して利益を得るために重要なのは、正しい知識と情報を得て、投資を始めることです。

ソーシャルレンディングの特性上、投資金額の元本が保証されていないというリスクもあります。資産を運用する上で、投資金額と利回りを得る確率を上げるためには運営会社をしっかりと調べておく必要があります。

分散投資が可能なため安全性を高めた投資が可能。

前項でも説明しましたが、ソーシャルレンディングは投資金額の元本保証がされていないためリスクが伴う投資であることを忘れてはいけません。

その為、ソーシャルレンディングで安全に投資を行うためには、分散投資をすることが必要不可欠です。

ソーシャルレンディングでは数多くの案件がありますが、少額の1万円〜利回り運用を始めることができます。

もし、余裕資金(投資が可能な金額)が100万円あるとした場合に、元本保証がされていないソーシャルレンディングで1つの案件に100万円を投資を行うと投資金額が全て失う可能性も0とは言い切れません。

そこで、投資案件を精査した上で少額の1万円や10万円単位で分散投資を行います。仮に、10万円ずつを10案件に投資をした場合は、全ての案件が貸倒れになるケースは考えづらく安全性を考慮した投資ができます。

少額投資が可能なソーシャルレンディングで利回り運用をするのであれば、かならず分散投資を行いましょう。

複数のソーシャルレンディング運営会社を利用する

分散投資の仕方ですが、1つのソーシャルレンディング運営会社のみで運用する必要はありません。

運営実績が長いからと言って、倒産リスクが0とは言い切れないため複数の運営会社の案件を見ながら利回りと安全性を見ていくことをおすすめします。

ソーシャルレンディング運営会社によって、高利回りの案件が多かったり、利回りはそこまで大きくないけど安全性の高い案件を提供していたりといろいろ見てみることで、自分の投資方法に合わせて利用していきましょう。

正しい情報をもとに、安全に投資を始めよう。

ソーシャルレンディングは投資なため100%安全性が担保されているわけではありません。

ですが、正しい知識を持って「ソーシャルレンディング事業者の選定」と「分散投資」を行うことで高利回りで利益を得ることができます。

銀行に預けている預金は、金利がかなり低いですがソーシャルレンディングを利用することで比較的安全に利回り運用も可能です。

まずは、今回説明した2つのポイントを理解した上でソーシャルレンディングを始めてみましょう。また、リスクに関しても詳しく解説しているので参考にしてみてください。

ソーシャルレンディングの高利回りに隠されたリスクとは?【徹底検証】







SNSでフォローする