仮想通貨・FinTech・投資に関する情報を配信。

仮想通貨ICO支援!話題のCOMSA(コムサ)とは?【徹底解説】




Zaifを運営するテックビューロ社が、COMSA(コムサ)というICOプラットフォームをリリースすることを発表。

今回は、話題を集める「仮想通貨」「ICO」そしてCOMSA(コムサ)に関して概要と情報を紹介したいと思います。

COMSA公式サイト

仮想通貨COMSA(コムサ)とは?

COMSAを理解する上で、知っておきたいのが「トークン」と「ICO」です。

仮想通貨が、注目を集め「ビットコイン」や「イーサリアム」などの暗号通貨などの情報を知っていても、それ以外にも仮想通貨を理解する上で大事なのが「トークン」と「ICO」です。

「トークン」と「ICO」を理解した上で、COMSAについて説明していきます。

暗号通貨の「トークン」とは?

トークンとは、ブロックチェーン技術で発行した独自のコインのことを言います。「トークン」は、流通しなければ価値がないものです。

トークンは市場に流通がすることで、価値が発生する「代用通貨」という意味で使われます。つまり、簡単に言うと新しく作られた貨幣・通貨の総称を「トークン」と呼びます。

資金調達手段・暗号通貨のICOとは?

ICOとは、Intial Coin Offering(イニシャルコインオファリング)の略で、新規仮想通貨公開のことを指します。

企業や団体が資金調達をする方法の1つとして、証券会社を通じて新規公開株を投資家に販売する方法が取られていました。

企業が上場する時に行われるIPOは新規上場株と呼ばれ、市場に流通する前に公募価格で購入することができます。上場後、値上がりすることが予測できる株式をIPOで上場前に保有することで、上場後の値上がりの差分を利益として獲得できる投資として活用されるケースがあります。

このIPOを現金ではなく、仮想通貨で行うのがICOと言います。

ICOについて詳しくは以下の記事で解説しています。

ICOとは?海外で急増する仮想通貨で資金調達をする方法【徹底解説】

ICOは、独自に投資家向けサイトを作成し、事業計画と共にICOの募集を行い、資金調達を行います。その資金に対して、投資家に独自の通貨であるトークンを発行し、分配をします。

これがICOを利用した資金調達の方法で、これから世界中で主流になっていく資金調達方として注目を集めています。

ICOプラットフォームCOMSA(コムサ)とは?

COMSA(コムサ)とは、ICOを支援するプラットフォームです。

これまでのICOは、アメリカや海外が主流に行われていて、ICOを行うにも情報が少なく投資家としてもICOで資金調達をしたい企業も敷居が高い状態にありました。

実際に、私もICOに関しての情報は収集をしており、ある程度英語ができるのですがどの情報を信頼していて良いのかの見極めが難しく、手が出せない市場の1つではありました。

そんな中、日本で初めて作られるのがICOでの資金調達を支援するプラットフォームがCOMSA(コムサ)というわけです。

多くの企業がICOを希望しても、ブロックチェーン技術の導入や法の整備が整っていない仮想通貨の現状、金融的知識とかなりの障壁があるのですがそれを解決してくれるのがプラットフォームとなっていくのでCOMSA(コムサ)は注目を集めています。

COMSAを利用したICOとCOMSAがICOを実施する。

COMSAはICOプラットフォームとして、活動をしていくのですがその第一弾はCOMSA自身のICOが行われます。(詳細は後述。)

そして、ICO企業として既に決定しているのが2社あります。

新規ICO予定企業

・株式会社プレミアムウォーターホールディングス

・株式会社CAMPFIRE

プレミアムウォーターホールディングスは、東証2部に上場している企業で、CAMPFIREもクラウドファンディングサービスから数多くのサービスをローンチしている有名企業です。

企業業績やホワイトペーパー(事業計画)を見て、ICO段階でトークンを取得することで、新規上場される仮想通貨の価値があがることで、投資家としては利益を生み出すことができます。

ICOプラットフォームが日本でも整備されることで、投資家としても新たなチャンスが増えていきます。

COMSAが提供するサービスと運営団体

COMSAが提供するサービスとその運営団体についても見てみましょう。サービス内容と運営する団体メンバーもチェックすることで、信頼度などを見て取れるかと思います。

COMSAが提供するサービス

(1)ICOソリューション

ブロックチェーン導入の整備や国内にとどまらず、海外へのPR、トークンセールのツールまでのICOに関わる全ての業務の請負。

COMSAで発行されたトークンは、イーサリアムやネムなどのブロックチェーン感で自由に行き来できるようになるとのこと。

ICOのメリットとしてあるのは、仮想通貨は国や政府が管理している通貨ではないため海外の投資家たちも障壁が少なく、ICO投資が出来ます。ICOを行う企業も海外へのPRができれば、世界中から資金調達が可能になります。

(2)トークンソリューション

発行するトークンを取り扱うためにZaif取引所の利用や決済ツールの提供を行います。また、た、テックビューロが販売するプライベートブロックチェーン製品「mijin」によって、トークンを一括管理ができるようになるとのこと。トークンに関わるソリューションを提供してくれます。

今回COMSAを提供するのは、仮想通貨取引所「Zaif」も運営するテックビューロ社が運営。運営している「Zaif」やそのノウハウを提供したソリューションサービスになっています。

(3)ワンタイム・スマート・コントラクト

ビットコイン・ネム・イーサリアムなどの公共で取引されているパブリックブロックチェーンと誰もがブロックチェーン技術を利用できるようにしたmijinで構成されたプライベートブロックチェーンを連動させ、トークンの整合性を保持するサービスを提供。

法定通貨建ての実社会の商取引をブロックチェーン上で契約し、第三者の仲介無しに取引できる仕組みで、要は利便性を高めたソリューションを提供してくれるサービスということ。

大きくこの3つがCOMSAで提供されるサービスで、ICOの障壁を下げてくれるサービスで企業からしてもICO参入のきっかけとなり、投資家かもリターンを見込んだICOを行うことができます。

COMSAのメンバー

COMSAを運営するメンバーは、テックビューロの経営陣の他に、ICO協議会員として有名企業の役員などが名を揃えています。

ICO

Lon Wong 氏
NEM.io財団 代表理事 / ドラゴンフライフィンテック(シンガポール)CEO

狩野 仁志氏
株式会社フィスコ代表取締役社長

佐藤 航陽氏
株式会社メタップス代表取締役

伊藤 昌彦氏
三菱UFJ信託銀行株式会社 経営企画部副部長 FinTech推進室長

パートナー企業としてCOMSA事業参画する企業も数多く存在します。

COMSAのトークンセール

そんな注目を集めるCOMSAも前述した通り、COMSA自体もICOを行います。

COMSAのトークンセールに参加するには、以下の流れで可能です。

  1. COMSA公式サイト
  2. メールアドレスを登録
  3. 確認メールのURLを認証し、登録完了

現在は事前登録段階のため、後ほど詳細が告知されたあと、10月からトークンセールが開始される予定になっています。

仮想通貨COMSAを獲得するメリット・デメリット

COMSAは、ICOプラットフォームとしてサービスが展開されていくのですが、COMSAで行うのは名の通りICOです。

COMSAを通じて、ICOを予定する企業が既に2社おり、今後も増えていくことが予想されますが、仮想通貨COMSAの利用価値はICO時に資金を出資するために活用されます。

つまり、COMSAを通じてICO投資を行いたい場合は、COMSAを仕入れる必要が出てきて、以下の点が知っておくべきポイントです。

  • COMSAをがないとCOMSAのを通じたICOができない。
  • COMSAは取引所でしか購入できない。
  • COMSAが発行数量が決まっている。

つまり、COMSAを持つことでしか買えないICO案件があり、今後出てくるICO案件はCOMSAをトークンセールで安価で獲得しておくことで利用価値が上る可能性が高いといえます。

総発行数量が限られている点はメリットともデメリットとも言える。

COMSAは、総発行数量が決まっている仮想通貨です。トークンセールの参加者は1USD相当の購入で1COMSAを獲得することができます。

このセール時には発行数量の上限は設定されずに、トークンセール終了時にトークンセールで発行された数量と同数が追加発行され総発行数はそこでロックされます。

申込数が100であれば、追加で100発行され、総発行数量が200となるということを意味します。追加発行された数量の内、一部はテックビューロ社の経営陣や社員、ICO協議会に分配され、総発行数量の55%がプレセールに参加した一般ユーザーに分配されるされています。

海外での一般的なICOの場合は、トークンの総発行数量が決められているケースがほとんどです。

発行数量が有限のため、価値が上がると判断し、ICO参入する投資家が多いのも事実のためこのCOMSAの場合、異なる方式を取っているため価値が上がらないのではないかと判断している人も一部いるようです。

個人的な所感で言うと、長期的な視野でCOMSAを見た時に既に、ICO案件が2件ありどちらの優良企業でかつ、1社は東証2部に上場している企業なのでICO案件に投資したい投資家も多いと予想しています、

COMSAプロジェクトが円滑にスタートをきることができれば、ICO案件も増えてトークン需要が上がり、価値が上がる可能性は大いにあります。

まずは、COMSAの情報を受け取るために公式サイトでメールアドレスを受け取るだけで、プレセール時に情報を受け取れるので興味がある方は登録しておくと良いでしょう。

COMSA公式サイト

まとめ

国内初のICO案件として、目が離せないCOMSA(コムサ)。

トークンの価値は、プロジェクトの内容やマーケティングからCOMSAを支援する投資家の多さや今後の展開によって左右されます。

どれだけ成長がある企業でプロジェクトなどが見極めになるので、テックビューロ社とCOMSAプロジェクトの将来性がポイントになるので、そこの判断をしてCOMSAのICOに参加するのが良いかなと思います。

まだ、トークンセールまで時間はあるので情報収集した上で参加するのをおすすめします。

COMSA公式サイト







SNSでフォローする