仮想通貨・FinTech・投資に関する情報を配信。

FXとは?簡単に分かりやすく解説。【基礎知識】




「FXに興味がある」、「FXって聞いたことあるけど、よく分からない」なんて人も多いと思います。

今回は、FX初心者向けにFXを簡単に分かりやすく、仕組みや投資のリスクなどを解説していきます。

FX(外国為替証拠金取引)とは?

FXとは外貨を対象とした証拠金取引のことを言い、Foreign Exchangeの外国為替を略したもののことを言います。

証拠金取引とは、一定の証拠金を入金することで投資金額にレバレッジを利かせて手持ちの資金よりも大きな金額の取引を可能にする取引のことを言います。担保というようなイメージを持って置くとFXを理解しやすいでしょう。

FXとは、通貨を売買してその利益を獲得するトレードです。

例えば、100円の時にドルを購入し、110円の時にドルを売却をすれば10円の利益を出すことができます。こうした為替変動を利用して利益を出すのがFXです。

円高や円安というニュースはよくニュースで聞くことがありますが、一般的にアメリカの追加である米ドルと比較して円の価値が高くなっているか安くなっているかを示します。

これを事前に予測して、その差分の利益を生み出します。

また外国為替のことをFXと呼ぶため、ドル円だけでなく他の通貨の為替ペア(ユーロ円・ドルユーロ)など円だけでなくても取引が可能です。

高くなると思えばロング・安くなると思えばショート

日本の景気や株価は、円安ドル高がプラスとされています。

FXの場合は、外貨が高くならないと儲けられないわけではありません。

外貨が下がりそうだと思ったら、外貨を売ることができます。外貨を保有していなくても「空売り」と言って、外貨を借りて高値で売るということができます。

1ドル100円の時にドルを購入して、95円を売ることで5円の利益を出すことができます。

外貨を買うことを「ロング」、逆に外貨の売りから入ることを「ショート」と言い、「ロング」か「ショート」の新規取引を始めることを「エントリー」と言います。

 

FXで投資を始めるメリットとリスク

FXで投資を始めるのであれば、メリットとリスクも理解しておきましょう。

FXは証拠金取引

FXで取引を始めるには、投資を始めるための資金として「証拠金」をFX会社に入金することになります。

資金を入れた「証拠金」にレバレッジを掛けて資金を超える取引ができます。

レバレッジとは?

レバレッジを掛けて取引ができるFXは少ない資金で大金を動かせることにあります。

国内のFXであれば、上限とされているレバレッジを25倍を超えない範囲で設定がされます。

1万米ドルで取引をするのであれば、4万〜5万円前後の証拠金が求められるのが一般的です。

1ドル100円だとするならば、1万ドルは100万円相当します。4万の証拠金であれば、レバレッジ25倍を掛けて100万円の資金で取引ができるということになります。

利益も損失も25倍まで大きくなる

レバレッジを利かせて、25倍の資金で取引を行うことが出来ます。

1万通貨で取引をするのであれば、レバレッジ25倍であれば資金は25分の1で取引可能なので約4万円〜5万円で買うことができます。

その変わり、FXは差金決済のため損益は100%の額で計算されます。

1万通貨ロング(購入)して、1円の円安に触れれば1万円の利益を得ることが可能です。

ただし、相場が予想と逆に動いた場合の損失は1万円と大きくなるので、損失に加えて元資金の20%以上を失うことになります。

高いレバレッジを掛けて取引をすることができるので、大勝負に出て利益を増やすことも可能ですが、資金や手法が固まっていない内に減らしてしまうと地道に増やすことをおすすめします。

FXは、少額投資が可能でハイリターンが取れますが、ハイリスクであるということを覚えておきましょう。

FXでは様々な国の通貨の取引が可能

FXは外貨取引のため様々な国の通貨を取引することができます。

最も一般的な通貨ペアは、米ドルと日本円の「ドル円」と言います。ドル円の次にメジャーな通貨は、「ユーロ円」や「ユーロドル」です。

ユーロは欧州連合(EU)の共通通貨のためドルについで流通量の多い通貨です。

FXをするのであれば、この基本通貨であるドル・ユーロ・円の3通貨の値動きを押さえておく必要があります。それ以外にも多くの国の通貨の取引が可能です。

FXをこれから始めようとしている初心者のかたであれば、情報収集を容易いドル円の取引から始めるのがおすすめです。

平日は24時間取引ができるのはメリット

FXは月曜の午前3時にニュージランドから始まり、シドニー→東京→香港→シンガポール→フランクフルト→ロンドン→ニューヨークと市場を移動し、ニューヨークの市場が閉じる土曜日の午前6時(冬季7時)まだ休みなく取引ができます。

株取引の場合は、証券会社の市場が空いている時間や祝日で取引ができないなどありますがFXは簡単に取引が可能です。

FXでは、24時間取引ができるため仕事終わりの夜の時間帯でFX取引が可能です。

スマホ・PCで取引も可能

FXと聞くと、チャートに張り付いて何枚ものディスプレイを使って取引をうするのをイメージする方が多いと思います。

ですが、FX取引はPC以外にもスマホでの取引が可能なため外出先でも取引が可能です。

取引ツールは、各証券会社が提供をしていますが。パソコンからスマホに移行をし始めていてスマホのみでFX取引をする人も増えつつあります。

FXはギャンブルではなく、投資

FXで資金を溶かしてしまったり、ギャンブルという方も多いですがFXはギャンブルではなく投資です。

レバレッジを効かせることで、ハイリターンを望むことができますがハイリスクで損失額が膨れてFX投資の途中退場を余儀なくされている人が多くいます。

ハイリターンを見込んでFXをギャンブルのように始めるのではなく、投資ということを忘れてはいけません。

FXは常に研究をして、知識のインプットと勝てる環境を作り、継続的に堅実にトレードすることが大事です。

言い出すと切りのないほど、スキルや知識・経験など多くの必要な要素があります。FXが決して難しいわけではなく、投資ということを忘れずに日々学びを忘れずに始めることが重要です。

まとめ

楽して稼げるほど、FXは甘くはありません。

投資の世界も稼げている投資家は、スキルや経験を身に付けた人たちだけです。一攫千金で、大きく稼ぐこともFXでは稼げますが、それが継続的に稼げるスキルが備わっているかは全く別の話です。

しっかりと知識を身に付けていながらFXを始めていきましょう。







SNSでフォローする