仮想通貨・FinTech・投資に関する情報を配信。

ICOとは?海外で急増する仮想通貨で資金調達をする方法【徹底解説】




IPO(新規公開株)投資は耳にしたことがある人も多いと思うが、上場前の未公開株を公募価格で購入することで市場に売り出された株式を初値で売却することで利益を生み出すことができます。

実は、海外ではこのIPO(新規公開株)が仮想通貨をもとに行われ、資金調達の手段として活用されているのがICO(イニシャルコインオファリング)と言い、数多くの投資家たちから注目を集めている。

今回は、この新しい資金調達方法のIC O(イニシャルコインオファリング)について紹介したいと思います。

ICO(イニシャルコインオファリング)とは?

簡単に説明をするとICOとは、IPOが、株式を売却することで現金で調達をするのに対して、ICOは仮想通貨をもとに資金調達が行われる。

ICOとは、Intial Coin Offeringの略であり、仮想通貨(暗号通貨)が市場に売り出される前に行われるプレセールのことを指します。

別名、ICO(イニシャルコインオファリング)のことをクラウドセールスと呼びます。

ICOに参加することで、仮想通貨の取引所に上場する前に安く仮想通貨を手に入れる可能性があります。

例えば、日本の暗号通貨取引所の1つであるコインチェックで取引されているイーサリアムやファクトムなどの仮想通貨もICOで資金調達を成功させた仮想通貨の代表例です。

知名度も上がり、取引量も上がっているイーサリアムはICO時に10万円を購入していればいまでは8,000万円ほどに値上がりしていることになり、資産運用としてかなりの利率のリターンを見込めることができます。

もちろん、ICOのクラウドセールスで購入した暗号通貨の価値が上がればリターンは大きいですが、価値がでないなんてこともあるので夢がある投資方法でもありますが見極めも必要となります。

ICOのクラウドセールスの参加するメリット

ICOのクラウドセールスに参加するメリットとしては、価値が上昇するであろう仮想通貨を事前に購入することができるので、価値が上昇するであろう仮想通貨を保有することで大きなリターンを得ることが可能です。

ビットコインなどの通貨も数年で、数倍まで価値が上がったりと仮想通貨の市場では価値が10倍・20倍と上がっていくのは珍しくないことではあるのでICO時にクラウドセールスで仮想通貨を保有するのはかなりのメリットと言えます。

また、もう一つのメリットがディスカウント価格で仮想通貨を獲得できるという点です。

ICOする側もクラウドセールスに出すことで、市場からの反応を見ることができるのでクラウドセールスの初期段階とその後では購入価格が異なって決まります。

つまり、クラウドセールスの初期段階で購入することで割引価格で手に入れることができるのは投資家からするとかなりのメリットと言えます。

ICOのクラウドセールスのデメリット

ICOでクラウドセールスに参加するデメリットは、大きなリターンが見込める可能性もあるが全く価値が上がらないというリスクもあるということです。

つまり、ハイリスクでハイリターンというデメリットがあります。

IPO(新規公開株)と異なり、ICOはまだまだ未開拓市場のため情報が少なく、しっかりとした情報と見極めをしなければ価値がない仮想通貨を保有するだけになる場合もあります。

そして、日本ではまだICOが浸透していないため海外サイトから情報を仕入れて、海外サイト経由でICOのクラウドセールスに参加する必要があります。

まだまだ初心者には敷居が高いというデメリットがあります。

英語ができる投資家にとってはチャンスであるとも言えます。

ICOのプロセス

ICOで行われるクラウドセールスは、以下の流れで行われます。

  1. ICOのアナウンス
  2. オファー期間
  3. プロモーション期間
  4. ICO販売期間

まずは、ICOが行われることを仮想通貨を運用する投資家に対してアナウンスされます。その後、特定の投資家のみ開示される特別のオファー期間が存在する。

この情報を得られるようになったら、リスクもあるがリターンも大きいことが予想されます。

その後、プロモーション期間に移行してこのプロモーションで仮想通貨の価格がどれほど上がるかが決まると言っても過言ではありません。

ICOと言っても発行企業によって、契約内容が異なるためコンディションの確認をした上での取引が必須となります。

ICOのクラウドセールス参加方法と購入。

ICOに参加するには、クラウドセールスの情報を入手することが大事です。

ICOを購入するための公式サイトを利用して、購入することができます。

ICOのクラウドセールス公開サイト「ICO Countdown」

ICO Countdownは、クラウドファンディングに似た仕組みのようなサイトで、資金調達をしたい仮想通貨提供会社とそれを支援する人をマッチングするような形で運用がされています。

現在、ICO中の仮想通貨がサイト上で、カウントダウンされながら確認することができます。

ICOのクラウドセールスの取引には、ICO Countdownは関与していないためあくまでこれからICOする仮想通貨を掲載しているサイトのためデューデリジェンス や法的関与はしないと明言しているので、あくまでICOする仮想通貨を探すことができるサイトです。

ICO Countdown

イーサリアム(Ethereum)が取引に利用。

ICO Countdownで見つけた仮想通貨の購入は、イーサリアムを利用され購入されるケースが高いです。

ビットコインや他の仮想通貨でも購入が可能なケースが多いですが、ICOでクラウドセールスに参加したいのであれば、コインチェックなどでイーサリアムの保有はしておいた方が良いでしょう。

仮想通貨を管理するウォレットも準備しておこう。

イーサリアムを購入したら仮想通貨を管理するウォレットも必要となります。

ウォレットは、インターネット上で管理できる仮想通貨の財布としての用途で使うことができて、取引所の管理ではなく自身で管理ができるため様々なトラブル回避が可能といえます。

仮想通貨のウォレットもたくさんあるので、使いやすいウォレットを作って運用するのが良いでしょう。

ICO用にウォレットを持つのであれば、イーサリアム用の「MyEtherWallet」を持っておくと便利です。

ICOの参加には注意が必要。

仮想通貨が注目を集め、経済に流通しはじめているのも事実ですが、バブル状態でもあり仮想通貨を用いたHYIP案件や詐欺案件が増えつつあるのも現実です。

海外サイトの信頼できるリソースからの情報入手が最重要となります。

ICO時に購入した仮想通貨も取引所に上場した際に、資金調達した会社がどれだけ実績を上げて、運用していく方ポイントとなるため運営会社の調査なども非常に大事になります。

投資は自己資金ですが余剰金でICOのクラウドセールスに参加することはしっかりと肝に命じたほうが良いでしょう。

そして何より仮想通貨・暗号通貨に関わる法の整備や既成が整っていないためリスクを取った投資ということはしっかりと理解しておく必要があります。

まとめ

急速に発展している仮想通貨・ブロックチェーン市場で海外投資家から注目を集めるICOのクラウドセールスは、IPOと比べて日本ではまだ情報が少なく手間がかかることもありますが、大きなリターンの獲得が見込めます。

信頼できる情報をもとに、リスクも理解した上での参入は運用することをおすすめします。







SNSでフォローする