仮想通貨・FinTech・投資に関する情報を配信。

ソーシャルレンディングとは?仕組みと投資メリットを解説。




ソーシャルレンディングとは、高利回りの投資方法として注目を集めています。

高利回りで投資効果を発揮できると、人気が集めていますが金融商品として歴史が浅いのでまだまだわからないことも多いと思います。

クラウドファンディングと関連している部分もあるため、そこも含めて本記事では初心者向けにソーシャルレンディングの仕組みを解説していきます。

ソーシャルレンディングとは?

ソーシャルレンディングとは、インターネットを介して「お金を借りたい個人や企業」と「お金を貸したい個人や企業」をマッチングさせる融資仲介のサービスです。

資金調達をしたい企業や個人が、ソーシャルレンディングを活用して投資家や投資企業から資金を集めることを目的とし、投資をする側はそのリターンを貰えるという仕組みで成り立っています。

別名、個人間投資やP2P投資と言われることもあります。

資金調達の形は、銀行からの融資やクラウドファンディング、ICOなど様々な方法がありますが、サービス提供を行うソーシャルレンディング事業者は借り手と投資家をインターネット上で結び付けます。

インターネットを介して仲介を行うことで借手は低金利、投資家側は高利回りで利益を大きく生み出すことができる相互メリットがあります。

ソーシャルレンディングの仕組み

ソーシャルレンディングは、個人間投資と呼ばれることもありますが、資金調達をしたい借り手が直接、投資家にお金を借りるという好意をしてしまうと貸金業者扱いになり、貸金業法上、貸金業登録の必要がでてきます。

そのため、ソーシャルレンディング事業者が匿名組合契約というものを利用します。

匿名組合は、投資家は借り手に直接資金を出資するのではなく、ソーシャルレンディング事業者(匿名組合)に出資を行い、その資金を匿名組合経由で借り手に支払うという方法を取ります。

利息や元金返済もソーシャルレンディングが仲介と言う形になり、法に遵守した形で運営されています。

これまで、銀行から資金の融資を行うのが主流でしたが、FinTechの急成長によるソーシャルレンディングのサービスが注目を集め、企業や個人も新たな方法で資金調達が可能となり投資家も新たな投資として利用され始めるようになっています。

現在のソーシャルレンディング市場

ソーシャルレンディングの始まりは、イギリスのZopa社と言われ2005年に開始がされたと言われています。

ソーシャルレンディングがP2P投資と呼ばれています。P2P投資は、Peer to Peer(Person to Person)として借り手と貸し手を結びつけるという意味を持ちます。

もともとは、1対1で結びつける形で発展をし、インターネットを介して企業や投資家を結びつけるため1対複数の形で資金調達が可能になります。

クラウドファンディングとソーシャルレンディングの違いは?

ソーシャルレンディングとよく一緒に説明される上で、似た言葉にクラウドファンディングというものがあります。

クラウドファンディングは5つの種類に分かれており、その中の1つで融資型・投資型クラウドファンディングと呼ばれるものがあります。

このクラウドファンディングの融資型・投資型は、ソーシャルレンディングと同じ意味を持っており、特別な違いはありません。

ソーシャルレンディング事業者の中にもクラウドファンディングと呼び、マーケティングをしているケースもよくありますが、ソーシャルレンディングの仕組みが使われていると思って大丈夫です。

クラウドファンディングについて詳しくは以下の記事で解説しています。

クラウドファンディング とは?基礎知識とメリット・デメリット。

ソーシャルレンディングの投資家4つのメリット

ソーシャルレンディング投資家のメリットは多くありますが、大きく分けて4つあります。

1.債権や預金などより、5〜10%高利回り。

ソーシャルレンディングのメリットは、高利回りで投資案件ができるという点があります。平均的な案件を見ても、5〜10%の案件が多くあります。

利回りが高い案件でも14.5%などのような案件もあり、かなり高いリターンと言え投資家のメリットの1つです。

2.1万円からの少額投資ができ、リスク回避した分散投資が可能。

ソーシャルレンディングは、1万円からの少額投資ができます。少額で始めることができるので、1つの案件ではなく複数の案件に投資ができるためリスク回避をした分散投資が可能です。

3.市場の動きに左右されない。

株式投資やFX(外国為替証拠金取引)とは異なり、相場や市場の動きに左右されずに投資が可能となります。

銀行預金に預けているだけのお金を短期投資でリターンを見込んで運用することもできます。

4.毎月配当が獲得できる案件もある。

利回り以外にも配当金のリターンを受け取れる案件もあります。配当金も含めて資産運用ができるのは投資メリットと言えるでしょう。

今回挙げた4つのメリット以外にも、共感できるビジョンの会社を応援するという意味で投資を行うことも可能です。

高利回りということはリスクがあるので、投資額は押さえて始めるのをおすすめします。

ソーシャルレンディングの借り手の4つのメリット

ソーシャルレンディングを介して、資金調達をする企業の借り手のメリットを見てみましょう。投資をする側も含めて借り手側のメリットを知っておくことは非常に大切なことです。

1.融資審査が基本的には短い。

ソーシャルレンディングは、融資審査が短いことが特徴に挙げられます。

スタートアップ企業であれば、資金調達のスピードによってビジネスの方向性や加速スピードが異なってきます。

これまでは銀行からの融資が一般的でしたが、ソーシャルレンディングを利用した借入も1つの手段になります。

2.低金利で借入が可能。

ソーシャルレンディングの仕組みで説明した通り、インターネットを介して投資家と借り手を結びつけるため、通常の借入や融資と比較してコストを押さえた低金利で貸付が可能になります。

事業で得た利益から借入した金額を返済していくことになりますが、金利が高いことで利益率が低くなるため低金利で借入ができるのは借り手の大きなメリットです。

3.銀行融資よりハードルが低く、借入が可能。

ソーシャルレンディングは銀行からの融資よりハードルが低く審査基準が比較的易しいです。

銀行融資は融資審査が、事業計画から決算書が必要になり、審査基準も比較的厳しめですが、ソーシャルレンディングは借入のハードルが低いという点があります。

銀行融資の基準が満たなくても、ソーシャルレンディングを活用するという方法もオプションとして出てきます。

4.複数の投資家から資金を集めれる。

クラウドファンディングの特徴として、インターネットを介して資金(融資)を募るため、複数の投資家から資金を集めることができるという特徴があります。

銀行からの融資の場合は、事業状態や決算の内容によって融資額が決まります。

それに比べて、ソーシャルレンディングは複数の投資家が金利や事業内容をもとに融資額を決めるため、投資家が比較的リスクが低くリターンも見込める案件には人気が集中します。

そのため、複数の投資家から融資を受けることができ、必要な資金を集めれる可能性が上がります。

借入側のメリットをお伝えしましたが、基本的には短期投資というのがほとんどのため長期的に活用ができる資金を融資するには銀行からのメリットがあります。

短期的な資金調達であれば、借入側はソーシャルレンディングを利用する大きなメリットがあります。

投資としてのソーシャルレンディングのリスク

ソーシャルレンディングのメリットを借り手と投資側で見てみましたがもちろんリスクも存在します。投資としてソーシャルレンディングを始めようと思っている人は、必ずリスクを知る必要があります。

ソーシャルレンディングを始める上での特徴的なリスクを説明します。

元本保証がされていない。

ソーシャルレンディングで出資した金額は、元本保証がされていません。

つまり、ソーシャルレンディング事業者を介して融資をした案件が貸倒となるリスクがあります。

また、借り入れ側のメリットとして銀行の審査基準を満たない企業が資金の借り入れのためにソーシャルレンディングを利用するケースがあるので「銀行が融資しない案件」という場合もあります。

高額な金額をソーシャルレンディングに投資をして、資産が一瞬にしてなくなるという可能性も0ではないことを注意しておきましょう。まずは、少額から初めて1つの案件に投資をするのではなく、複数の投資先を決めて分散投資をすることをおすすめします。

具体的な投資先が不明確。

仕組み上、ソーシャルレンディングで投資を行うにあたり、仲介としてソーシャルレンディング事業者がに入ります。

ソーシャルレンディングの仕組みでも解説もしましたが、投資家は投資先に投資をしているのではなく、ソーシャルレンディング事業者に投資をして、各案件先が借り入れをするという流れになっています。

借り入れ側は、資金を借り入れするために積極的に情報を開示しているので、しっかりと情報を入手した上で融資を行うことをおすすめします。

運営者のリスクも負うことになる。

ソーシャルレンディングを始めるに辺り、利用する運用会社も見極めが必要です。匿名組合を通じての融資となるため、運営者と融資先とのトラブルがあったとしても融資先に返済を求めることはできません。

また、運営者が不正や資金流用などを行っていた場合も、そのリスク判断ができないため信用あるソーシャルレンディング会社の見極めも必要です。

中途解約できないケースが多い。

ほとんどの案件で途中解約ができません。ソーシャルレンディングに投資している金額がすぐにでも必要になった場合も途中解約をして返済を求めることはできないため、融資期間・金額などは、慎重に決めて余剰金で投資を行う必要があります。

あくまで、投資の鉄則ですが生活資金を残した投資は必須と言えます。

ソーシャルレンディング投資が向いている人とは?

ソーシャルレンディングの仕組みや借り入れ側のメリット、投資側のメリット・リスクを解説していきましたがソーシャルレンディング投資が向いている人は以下の4つに当てはまる人と言えます。

株式や為替のように売買がリアルタイムでできない人。面倒な人。

株式やFXの場合は、手法にもよりますが日々のチャートのチェックや分析、さらには経済指標などの情報を収集する必要があります。

また、相場の動きに合わせてリアルタイムで売買をしなければ行けない場面も少なからずあるので、慣れるまではかなりの時間を要します。

サラリーマンや主婦など、リアルタイムで売買ができない人などは、ソーシャルレンディングは案件の見極めをして、融資期間の間お金を融資するだけなので向いている人と言えます。

ミドルリスク・ミドルリターンの投資をしたい人。

ソーシャルレンディングをハイリスクと考える意見もありますが、1万円〜の少額投資が可能なためリスクは押さえて、分散投資をすれば投資金額へのリスクは低くすることができます。

その代わり、リターンもハイリターンとはなりませんがある程度の利回りは獲得することができます。

また、元本保証はされていませんが、元本以上の資金がなくなることはないので、見極めをすることでミドルリスク・ミドルリターンで投資を始めることができます。

余剰金の一部を銀行に預けるのではなく、金利で投資効果を得たい人・ミドルリスク・ミドルリターンで運用したい人におすすめです。

新たな金融商品に取り組みたい人。

ソーシャルレンディングは日本では新しい金融商品になります。株式投資やFXなどは、多くの投資家が投資を行っていますが、まだまだ未開拓な金融商品とも言えます。

分散投資という意味でも一部の資金をソーシャルレンディングに使い、新たな金融商品として活用する人にはおすすめで、ポートフォリオを作るという意味でも、1つの選択肢に入ってくる金融商品です。

まとめ

本記事で、ソーシャルレンディングの仕組みからメリットやリスクを解説させて頂きました。

投資家目線で言うと、高金利の投資手法が一つ増え、借り手は新たな借入先の選択肢として相互メリットがある仕組みになっています。

ただ、投資する側は投資先の情報が不明確な点も現状あるため、一定のリスクを取る必要があるのは覚えておきましょう。

自分自身の資産運用の1つとして始めてみるのは価値があるかを見極めて、ソーシャルレンディングを利用してみましょう。







SNSでフォローする